久我通平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
久我通平
時代 鎌倉時代前期
生誕 建仁3年(1203年
死没 嘉禄2年(1226年
官位 正三位右中将越後権守
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 村上源氏久我家
父母 父:久我通光、母:藤原宗頼の娘
兄弟 通平通忠宣通通能雅光雅忠六条通有道朝式乾門院御匣
正室:葉室光親の娘
通教基俊
テンプレートを表示

久我 通平(こが みちひら)は、鎌倉時代前期の公卿源氏で2人目の太政大臣となった久我通光の長男。母は権大納言藤原宗頼の娘。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

元久2年(1205年)3月9日、従五位下に叙される。承元2年(1208年)12月29日、侍従に任ぜられる。承元4年(1210年)1月6日、従五位上に昇叙。また同年12月24日、正五位下に昇叙。建暦2年(1212年)1月13日、遠江権介を兼ねる。建保2年(1214年)10月28日、右少将に任ぜられ、同年12月13日には禁色を許される。建保3年(1215年)12月15日、左中将に任ぜられ、同日従四位下に昇叙。建保4年(1216年)1月13日、因幡権介を兼ねる。建保6年(1218年)1月5日、正四位下に昇叙。同年11月26日、春宮権亮を兼ねる。承久元年(1219年)11月13日、従三位に叙され中将は元の如し。承久3年(1221年)1月13日、越後権守を兼ねる。貞応元年(1222年)11月26日、正三位に昇叙。貞応2年(1223年)6月、高野山で出家。嘉禄2年(1226年)、薨去。

参考文献[編集]