源雅定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源雅定
時代 平安時代後期 - 末期
生誕 嘉保元年(1094年
死没 応保2年5月27日1162年7月11日
別名 中院入道右大臣
官位 正二位右大臣左近衛大将
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇
氏族 村上源氏中院流
父母 父:源雅実
兄弟 顕通雅定、御匣殿
正室:藤原顕季の娘
養子:雅通定房
テンプレートを表示

源 雅定(みなもと の まささだ)は平安時代後期の公卿歌人中院右大臣と号す。右大臣、正二位、左近衛大将源雅実の次男。

人物[編集]

  • 素直でよく気が付き、堅苦しい所もなく魅力的な性格であった[1]。また、学才もあり、朝廷の儀式にも通じていたとされる[2]
  • 幼時より舞楽に長じ、康和3年(1101年)3月9日の白河院50歳の賀の試楽における童舞で、9歳にして『胡飲酒』を舞い、賞賛された[3]。父・雅実は雅定の舞の技能に自信を持っていたためか、嘉承元年(1106年)に開催された石清水臨時祭における一の舞に雅定が選ばれなかったことに腹を立て、途中で帰京してしまったとの逸話がある[4]。また、『胡飲酒』を伝える楽家多資忠山村政連に殺害された際、『胡飲酒』を伝受していた雅実が資忠の子の忠方に伝えた逸話[5]があるが、雅実が死去してからは、忠方は雅定を師としていたとされる[6]
  • 豊原時元から伝授を受けたにも秀で、嘉応2年(1170年)までに開催された御遊において、各種記録に記された笙の演奏回数が2位の藤原宗忠を大きく引き離して最多となっている[7]
  • 歌人としては藤原顕輔源俊頼らと交渉があり『金葉和歌集』以下の勅撰和歌集に入集している。

大鏡の増補を行った「皇后宮大夫」について[編集]

古くから『大鏡』の増補を行った「皇后宮大夫」を雅定に比定する説がありこれが通説とされているが、これは不明とされている同書の本編作者が増補作者の一族とされる推測から本編作者を村上源氏に求める論者から広い支持があるからであり、これに対して藤原一族に求める研究家からは同じ「皇后宮大夫」経験者である藤原家忠説などの異論も出されている。

系譜[編集]

官歴[編集]

しかし久寿2年(1155年)7月23日、近衛天皇崩御の際に後継を定める王者議定には出席している。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『今鏡』293段。
  2. ^ 今鏡』291段、『台記』久寿元年(1154年)5月27日・28日条、『続教訓抄』、『体源抄』。
  3. ^ 『今鏡』65段、『中右記』康和3年3月9日条。
  4. ^ 『今鏡』285段、『中右記』嘉承元年3月15日条。
  5. ^ 古事談』『続古事談』『古今著聞集』『教訓抄』『体源抄』『雑秘別録』等による。
  6. ^ 『中右記』長承元年(1132年)3月23日条。
  7. ^ 竹鼻績『今鏡(下)』講談社学術文庫、1984年。