久我通明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久我通明
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 安永9年1月16日1780年2月20日
死没 安政2年12月2日1856年1月9日
官位 従一位内大臣
主君 光格天皇仁孝天皇
氏族 中院家久我家
父母 父:中院通維、養父:久我信通
正室:細川治年の娘)
志通
養子:久我建通
テンプレートを表示

久我 通明(こが みちあき)は、江戸時代後期の公卿久我通兄の孫。

天明5年(1785年)に父通維の実家の久我家に養子入りし、叙爵した。以降清華家当主として速い速度で累進し、侍従・左近衛権少将・左近衛権中将を経て、寛政6年(1794年)には従三位となり、公卿に列する。その後も右近衛中将・踏歌節会外弁・権中納言を経て、文化7年(1810年)に権大納言となる。文政7年(1824年)に内大臣に就任。さらに右近衛大将・右馬寮御監ともなったが、同年中に任職を辞した。文政8年(1825年)に従一位を授与された。