源定房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

源 定房(みなもと の さだふさ、大治5年(1130年) - 文治4年7月17日1188年8月11日))は平安時代後期の公卿

父は権中納言源雅兼。母は大納言源能俊の女。堀川大納言と号す。従兄にあたる右大臣雅定猶子となる。歌人・能書家としても聞こえた。子に源定忠源雅行藤原経宗室・藤原定輔室・平親国室・藤原定経室らがいる。一説には、赤松氏は定房の子孫の系統とされる。

侍従右近少将讃岐権介備中権介春宮権介蔵人頭などを歴任し、保元2年(1157年参議になり翌年従三位になった。その後、美作権守任ぜられ権大納言従二位に進む。また後白河院庁別当にもなる。文治4年6月に病により出家し、翌月に薨去。59歳だった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]