久我通顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久我 通顕(こが みちあき、1903年明治36年)10月 - 1982年昭和57年)11月10日[1])は、日本華族。旧公卿[2]侯爵[2]貴族院議員[2]。女優久我美子の父。

経歴[編集]

常通の男[2]1936年(昭和11年)父退隠の後を承け家督相続する[2]國學院大學国文学科卒業[2]

1943年(昭和18年)内務省委員となり後近代商業美術協会長に就任[3]

戦前国語教師をしたこともあったが、ほとんど仕事はしなかった[4]

人物像[編集]

華族の娘と一緒になるのはいやで、筋に通じた下町娘を好んだという[5]。じっさい遊びでも華族ではアカ抜けていたほうで、下情にも通じていた[5]。父常通も通顕も戦前は決まった職業を持たなかった[4]。妻与志江によれば「遊び人の血筋なんでしょうか[4]。お金の使いっぷりは派手だったものです[4]。」という。

宗教臨済宗[3]。住所は東京都世田谷区[3]東京都新宿区在籍[3]

家族・親族[編集]

久我家[編集]

京都府東京府北多摩郡神代村[2](現東京都調布市)、東京都世田谷区[3]、東京都新宿区[3]
1842年天保12年) - 1925年大正14年)1月
  • 父・常通[2](侯爵、貴族院議員)
1873年(明治6年)[6] - 1950年(昭和25年)[6]
千萬子東京府人仙石吉之助の養子となる[2]
ミチ子北海道五十嵐佐市に嫁す[2]
松子東京府中根半湖長男克に嫁す[2]
通秀(男爵津守國榮の養子となる[2]
通利[2](経営評論家[4]
  • 妻・与志江[9](よしえ[2]、東京、篠崎宗太郎長女)
1905年(明治38年)4月[2] - 没年不詳
与志江の実家は日本橋べっ甲問屋を営んでいた「篠崎商店」[10]セルロイドを扱ってかなり大きな商売をしていた商店である[10]
1926年(大正15年)11月[2] -
1931年(昭和6年)1月[2] -

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』16頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上コ一一九
  3. ^ a b c d e f 第廿一版 人事興信録 』(昭和36年)く二
  4. ^ a b c d e 『日本の名家』244頁
  5. ^ a b 『日本の名家』242頁
  6. ^ a b 『日本の名家』239頁
  7. ^ 『人事興信録. 7版』(1925年・大正14年)コ五七
  8. ^ 『人事興信録. 4版』(1915年・大正4年)コ四一
  9. ^ 『日本の名家』238頁
  10. ^ a b 『日本の名家』241頁
  11. ^ 『日本の名家』240頁

参考文献[編集]

  • 週刊読売編集部(編)『日本の名家』読売新聞社、1987年、238 - 246頁
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]