細川利重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
細川利重
時代 江戸時代前期
生誕 正保3年12月15日1647年1月20日
死没 貞享4年8月15日1687年9月21日
改名 七之助(幼名)→利重
墓所 東京都品川区北品川の東海寺妙解院
官位 従五位下、若狭
幕府 江戸幕府
熊本新田藩
氏族 細川氏
父母 父:細川光尚、母:清光院(内海氏)
兄弟 綱利利重
正室:亀姫顕寿院細川興隆の娘)
側室:高正院(築山氏)
利昌利武(のち宣紀、兄・綱利の養子)、清涼院細川有孝正室)、娘(久我惟通室)
養女:(越前松平直丘室)

細川 利重(ほそかわ とししげ)は、肥後熊本新田藩の初代藩主。

生涯[編集]

正保3年(1647年)12月15日、熊本藩主・細川光尚(光利)の次男として生まれる。万治3年(1660年)12月に従五位下、若狭守に叙任する。寛文2年(1662年)3月、兄・綱利から5000石を与えられた。寛文6年(1666年)7月には兄から3万5000石を与えられて、熊本新田藩主として立藩した。その後は幕府の江戸勅使接待役などを務めた。

貞享4年(1687年)8月15日に死去した。享年42。跡を長男・利昌が継いだ。

江戸郊外の戸越周辺に領地と抱屋敷(下屋敷)を持っていた(現在の戸越公園)が、この屋敷内の泉水の水源として、玉川上水から屋敷まで長大な水路(戸越上水)を開削した。細川家の水路管理は数年で廃されたが、翌年、品川の民間からの請願により、民間管理の下で存続・流路延長されることとなり、品川用水として品川各地の生活・農業用水となった。