中院通純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中院通純
Nakanoinn Michizumi.jpg
中院通純像(京都大学総合博物館蔵)
時代 江戸時代前期-中期
生誕 慶長17年8月28日1612年9月23日
死没 承応2年2月8日1653年3月7日
官位 正二位権大納言
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇
氏族 中院家
父母 父:中院通村、母:溝口秀勝の娘
兄弟 通純清閑寺共綱
高倉永慶の娘
通茂野宮定縁、甘姫(鍋島光茂室)、猶子:通福
テンプレートを表示

中院通純(なかのいん みちずみ)は、江戸時代前期から中期の公卿

経歴[編集]

慶長18年(1613年)に叙爵。以降累進して侍従左近衛少将左近衛中将をへて、寛永8年(1631年)に参議となり、公卿に列した。その後、踏歌節会外弁・権中納言を経て、正保4年(1647年)に権大納言に昇進。

系譜[編集]

関連項目[編集]

先代:
中院通村
中院家
第16代
次代:
中院通茂