岩倉宮忠成王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩倉宮忠成王
(いわくらのみや ただなりおう)
岩倉宮(いわくらのみや)
続柄 順徳天皇の第 5皇子
身位
出生 承久3年(1221年
佐渡国
死去 弘安2年3月11日1279年4月23日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 藤原範茂の娘、藤原範能の娘
子女 王子:彦豊王
王子:源彦仁順徳源氏
父親 順徳天皇(第 84代天皇
母親 藤原清季の娘(熱田神宮大宮司)
テンプレートを表示

岩倉宮忠成王(いわくらのみやただなりおう、承久3年(1221年) - 弘安2年3月11日1279年4月23日))は、鎌倉時代皇族順徳天皇の第五皇子品位は無品。岩倉宮広御所宮を号す。

略歴[編集]

仁治3年(1242年正月9日四条天皇崩御するが、僅か12歳での崩御であったことから皇太子が定まっていなかった。忠成王は土御門天皇の皇子・邦仁王とともに皇嗣候補として名が挙がり、忠成王には縁戚の九条道家が、邦仁王には土御門定通が付いて、それぞれ鎌倉幕府に働き掛けを行った。幕府執権北条泰時順徳天皇の皇子である忠成王の即位に難色を示し、一時は軍事介入を仄めかしながら、鶴岡八幡宮神意であるとして、同じく後鳥羽天皇の孫にあたる邦仁王を推した。結局、同年の3月18日に邦仁王(後嵯峨天皇)が即位した。

忠成王は宝治3年(1249年2月25日元服し、岩倉宮と呼ばれるようになる。

前述の皇位継承問題の時には祖母である修明門院の御所である四辻殿にいたと記されている(『五代帝王物語』)ことから、修明門院に育てられたと考えられる。しかし、修明門院の没後、その遺領は彼ではなく異母弟の四辻宮善統親王に継承されたため、後に岩倉宮・四辻宮間の紛争の原因となった[1]

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白根陽子『女院領の中世的展開』(同成社、2018年) ISBN 978-4-88621-800-1 P29-30.

参考文献[編集]

関連項目[編集]