源彦仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源彦仁
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 不明
死没 永仁6年3月23日1298年5月5日
改名 彦仁王(初名)→源彦仁
別名 四辻彦仁[1]、石蔵三郎宮
官位 正三位左近衛中将
主君 伏見天皇
氏族 順徳源氏
父母 父:岩倉宮忠成王、母:藤原範能
兄弟 彦豊王彦仁
二条良実娘、三条公親
忠房親王承鎮法親王守子内親王
テンプレートを表示

源 彦仁(みなもと の ひこひと)は、鎌倉時代中期から後期にかけての皇族公卿順徳天皇の第五皇子・岩倉宮忠成王の子。官位正三位左近衛中将

経歴[編集]

永仁2年(1294年)に朝臣の姓を賜与され臣籍降下する。永仁4年12月(1297年1月)従四位下に初叙され侍従に任ぜられる。翌永仁5年(1297年)には4月従四位上、6月従三位、11月正三位と1年間で五階の昇叙を受ける。永仁6年(1298年)までに左近衛中将に任ぜられるが、同年3月23日薨去。

増鏡』によると、後嵯峨天皇の第一皇女・月花門院(綜子内親王)と密かに通じていたという。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『増鏡』
  2. ^ 天台座主記』『諸門跡伝』では実は忠房親王の子とする。

出典[編集]

  • 『公卿補任 第二篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年