水間政憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずま まさのり
水間 政憲
生誕1950年(70 - 71歳)
北海道
国籍日本の旗 日本
出身校小樽桜陽高校
影響を受けたもの田中正明
活動拠点画廊と販売者契約が終了
テレビ番組日本文化チャンネル桜の番組
罪名自称・慶応大学法学部中退だが受験在学記録が一切存在せず経歴詐称が判明した。
公式サイトmizumajyoukou.blog57.fc2.com

水間 政憲(みずま まさのり、1950年(昭和25年) - )は、自称・ジャーナリスト[1]。自称・慶應義塾大学法学部政治学科中退。(現在、経歴詐称が判明している)20代から50歳前後まで札幌すすきの、歌舞伎町などで活動後、銀座画廊にて絵画の契約販売員として勤務。50歳以降、突如として歴史問題に首を突っ込み始める。北海道小樽市出身[2]


略歴[編集]

以下はアマゾンドットコムの水間の紹介[3]に基づく。(全て自称)

 近現代史研究家兼ジャーナリスト。1950年、北海道生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科中退(※詐称が判明)。近現代史(GHQ占領下の政治・文化)の捏造史観に焦点を絞り、一次資料を発掘し調査研究を行っている。2004年11月10日号と2008年8月6日号の『SAPIO』 誌に中国と台湾国防院が発行した「尖閣」と日本固有の領土を示す地図を スクープ。2015年2月号『Voice』に中国の「国土地理院」が1969年に発行した地図にも「尖閣」と日本固有の領土を示していることをスクープ。これらの地図は、外務省のホームページで、尖閣諸島が「日本固有の領土」を示す決定的な証拠として掲載されている。『正論』(2006年6月号)に「スクープ“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた」(第1弾)を発表。その後、「スクープ第10弾」まで寄稿し、その間、戸井田徹衆議院議員(当時)と連携し、国会において中国や外務省の矛盾点を明らかにして、中国が要求していた最大60兆円を阻止。『正論』(2006年11月号)「スクープ!実際にあった『北海道占領計画書』」は、人類史上まれに見る凶悪なソ連(ロシア)による「国家犯罪計画」を暴いた。韓国の捏造史観にたいして、『SAPIO』誌に2009年から連載した『朝日新聞“朝鮮版”の研究』は『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』(徳間書店)として上梓し、「創氏改名」等、さまざまな「強制」の嘘を暴いた。後世に遺す図書としての企画は『パール判事の日本無罪論』(田中正明著)『「南京事件」の総括』(同)、「南京事件」日本人48人の証言』(阿羅健一著)いずれも小学館文庫。編著に『南京の実相』(自民党歴史議連監修)がある。現在、『ひと目でわかるシリーズ』は、『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実』に続き第10弾『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇」の真実』は、同書に掲載されている天皇家の家系図から、皇太子殿下より天皇の血が濃い男子の従兄弟が3名いることを明らかにして、「女性宮家」推進派を沈黙させ話題になった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)『ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘』より---

活動[編集]

主に近現代史を対象に、新聞やテレビ報道の反証一次資料に基づき調査研究をしている。また、国会において複数の国会議員と連携し、中国や外務省などの矛盾点を追及している。ただしこれら以下全て自称である。[2]

出版・調査活動

『ゼンボウ』平成8年11月号「『筑紫哲也 ニュース23』反日放送の一部始終」にて放送法3条の条文を取り上げ、放送法を根拠に日本のテレビ局を批判した[4]

漫画家小林よしのりに南京大虐殺と従軍慰安婦関連の一次資料を提供して執筆意欲を湧かせて出版が間近だった戦争論パート1を延期させて追加させたと主張している[5]

2004年11月10日号と2008年8月6日号の『SAPIO』誌に中国と台湾国防院が発行した「尖閣」と示されているとする地図を掲載。[6][7][8][9]

『正論』(2005年9月号)に「あの周恩来が靖国を拝観していた頃の神田と中国共産党の関係」を掲載。周恩来が1918年に靖国神社を拝観し感激した旨を日記に記載されていた、と水間は主張している。また、月刊誌『開放』の2007年11月号では、中国は日本の公人に対して靖国神社参拝批判を行えなくなった、との主張を展開している。

また『正論』に「スクープ“遺棄化学兵器"は中国に引き渡されていた」(第1弾)」~「スクープ第10弾」までを寄稿[10]、その中では、戸井田徹衆議院議員(当時)と松原仁衆議院議員が連携し、国会において中国や外務省の矛盾点を明らかにして、中国が要求していた最大60兆円を阻止した[10]、と水間は主張している。

『SAPIO』誌に連載した『朝日新聞〈朝鮮版〉の研究』は『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)として出版。

資料に基づいた歴史検証によって、日本が朝鮮を併合していた時代の歴史を当時の資料によって初めて証明した、と水間は主張している[11]

さらに、絶版となっていた『パール判事の日本無罪論』(田中正明著)『「南京事件」の総括』(同)、『「南京事件」日本人48人の証言』(阿羅健一著)の復刻を企画出版[要出典]

編著に『南京の実相 国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった』(自民党歴史議連監修)がある。

『南京の実相』(日新報道)は、2007年6月19日、「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が、憲政記念館に於いて、ロイターAP通信社朝日新聞など国内外の記者に発表した「南京問題の総括」をまとめ、同会が監修して2008年11月1日に発行した書籍である。

『ひと目でわかるシリーズ』は、『第10弾『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇」の真実』で最終巻となる。同書に掲載されている天皇家の家系図から、皇太子殿下より天皇の血が濃い男系男子の従兄弟が3名いる、と水間は主張している[12][13]。この主張は2019年3月20日財政金融委員会において、国民民主党大塚耕平代表代理が取り上げ、皇位の安定継承について宮内庁委員に質疑した。[14]

経歴詐称問題

著書に突然、慶應大学中退と書かれているが、入学年も記載しておらず、その事実は無しとして慶應大学から公式に否定されており、意図的な学歴詐称として雑誌社から指摘を受けるも「担当者名をばらす」等と恫喝し、それ以降該当雑誌社へ寄稿が不可能となる。

雑誌「正論」において毒ガス記事を寄稿するも多くの間違いを指摘され、「正論」からは信頼を失い、その後二度と掲載されなくなる。

「ひとめでわかる」シリーズでは、朝日新聞社刊「支那事変画報」から無断で著作権違法行為、写真を転載したために損害賠償訴訟を伝えられた後、ほとんどの著作は絶版。

共著[編集]

  • 黄文雄 共著『有名女子中学「入試問題の大嘘」!証明写真で暴いてます これは「自虐史観の大安売り」です!』ヒカルランド〈Knock-the-knowing 005〉、2014年2月。ISBN 978-4-86471-181-4

企画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


  1. ^ 歴史とジャーナリズム”. 水間条項. 2017年11月8日閲覧。
  2. ^ a b 水間政憲 | 人名事典 | PHP研究所”. www.php.co.jp. 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ アマゾンドットコムの著者略歴”. Amazon.co.jp. 2012年1月22日閲覧。
  4. ^ 『ニュースキャスター筑紫哲也を斬る もはや中国、北朝鮮の代弁者か このままテレビの偏向報道を許していいのか』 日新報道 2003年7月 ISBN 4-8174-0549-X [要ページ番号]
  5. ^ 『完結「南京事件」日米中「歴史戦」に終止符を打つ』 ビジネス社 2017年8月 ISBN 978-4-828-41968-8 [要ページ番号]
  6. ^ 超拡散希望《中国政府が1969年に発行した「尖閣地図」で陥落寸前》”. 水間条項. 2015年3月10日閲覧。
  7. ^ 海外へ緊急拡散希望《1969年中国政府発行の日本名表記「尖閣地図」をスクープした『Voice』2月号のレポートが3月20日電子書籍として発売されます》”. 水間条項. 2015年3月11日閲覧。
  8. ^ 海外へ緊急拡散希望《1969年中国政府発行「尖閣地図」を外務省がホームページにアップしました》”. 水間条項. 2015年3月17日閲覧。
  9. ^ 国内外へ緊急拡散希望《詐欺泥棒国家中国が独善的に主張する「尖閣問題」を潰せるスクープレポートが電子書籍『Voice S』(185円)として3月20日に発売されました》”. 水間条項. 2015年3月20日閲覧。
  10. ^ a b 『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』 PHP研究所 2010年11月 ISBN 978-4-5697-9413-6
  11. ^ 『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 [要ページ番号]
  12. ^ 【動画】水間条項国益最前線:第27回第二部後半【スクープ!皇太子殿下より天皇の血が濃い男子が3名生存している衝撃】”. 水間条項国益最前線. 2017年4月8日閲覧。
  13. ^ 【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子[桜H29/4/28]”. 日本文化チャンネル桜. 2017年4月28日閲覧。
  14. ^ 参議院 unofficial-House of Councilors (2019-03-20), 参議院 財政金融委員会 2019年3月20日, https://www.youtube.com/watch?v=C6A9h7IuIDw&feature=youtu.be&t=16138 2019年4月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

*Template:幸福の科学:水間政憲の支援団体