藤原信隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 信隆(ふじわら の のぶたか、大治元年(1126年) - 治承3年11月17日1179年12月17日))は平安時代後期の公卿藤原北家道隆流、右京大夫藤原信輔の子。後鳥羽天皇の外祖父。従三位修理大夫。贈従一位左大臣。七条修理大夫と号す。坊門家の祖であり、坊門 信隆とも記される。

後白河上皇の近臣である一方、平清盛の娘を妻とした関係で、親平家派の廷臣としても活動する。応保元年(1162年)には、平教盛平時忠らとともに二条天皇を廃して憲仁親王(後の高倉天皇・生母は時忠の妹滋子)を擁立する陰謀に加わったかどで、因幡守右馬頭を解官される憂き目に逢っている。

赦免されて後は平氏政権の興隆とともに栄達し、仁安3年1168年)に従三位に進んだ。娘の殖子は高倉天皇の寵愛を受け、守貞親王・尊成親王の二皇子の生母となった。治承3年(1179年)、54歳にして薨去。寿永2年(1183年)、尊成親王が後鳥羽天皇として践祚した後、その外祖父として従一位左大臣を追贈されている。

系譜[編集]

先代:
藤原信輔
坊門家当主
初代
次代:
坊門信清