藤原資業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原資業
藤原資業.jpg
藤原(日野)資業(法界寺蔵)
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 永延2年(988年
死没 延久2年8月24日[1]1070年10月1日
改名 資業→素舜(法名)
別名 日野三位、日野伊予三位、日野資業
官位 従三位非参議式部大輔
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 藤原北家真夏流日野家
父母 父:藤原有国、母:橘徳子橘仲遠の娘)
兄弟 貞嗣広業基嗣公業家業範義資業源憲定
源重文の娘、藤原師長の娘、藤原興方の娘
実家実綱実政、良覚、藤原経輔室、式部大輔敦宗室、在原惟経室、白河天皇乳母、藤原定房
テンプレートを表示

藤原 資業(ふじわら の すけなり)は、平安時代中期から後期にかけての公卿藤原北家真夏流(日野家)、参議藤原有国の七男。官位従三位非参議式部大輔

経歴[編集]

長保5年(1003年)16歳で文章得業生となり、備中権掾に任ぜられる。翌年対策に及第。

寛弘3年(1006年式部少丞に任ぜられる。翌寛弘4年(1007年)大丞に転じ、寛弘6年(1009年従五位下筑後権守に叙任される。刑部少輔大内記右少弁を歴任し寛弘8年(1011年東宮学士を兼任する。寛弘9年(1012年)備中介を務め、長和2年(1013年)従五位上に昇叙される。その後、長和3年(1014年五位蔵人となる。同年12月、右中弁藤原定頼春日社行幸行事を務めることになったが、闘乱によって定頼に変わって資業に改替した[2]左衛門権佐を経て、長和5年(1016年左大臣藤原道長三條院院司を定めた際には判官代に任ぜられた[3]。長和6年(1017年正五位下に叙された。

寛仁元年(1017年文章博士となる。左少弁を経て、寛仁4年(1020年従四位上丹波守に叙任。寛仁5年(1021年勘解由長官に任ぜられ、翌年正四位下に進む。

丹波守在任中の治安3年12月23日(1024年2月5日)子刻、騎兵十余りが来て中御門にある資業の邸に放火した[4]。その際、家人が相挑んだというが、群盗の力に敵わず燃やされたという。

万寿5年(1018年播磨守長暦3年(1039年伊予守と任ぜられた後、寛徳2年(1045年)従三位となり公卿に列す。

永承元年(1046年)式部大輔となるが、5年後の永承6年(1051年)に出家。法名素舜。日野山庄に隠居し、延久2年(1070年)8月24日[1]薨去。享年83。日野法界寺薬師堂を建立した。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 長保5年(1003年)11月19日:文章得業生
  • 時期不明:備中権掾
  • 寛弘2年(1005年)正月10日:昇殿、10月:対策(君臣好文野楽業)、11月:及第
  • 寛弘3年(1006年)正月28日:式部少丞
  • 寛弘4年(1007年)正月28日:式部大丞
  • 寛弘5年(1008年)正月11日:蔵人
  • 寛弘6年(1009年)正月7日:従五位下、18日:筑後権守、9月:刑部少輔、12月:昇殿
  • 寛弘7年(1010年)正月16日:大内記
  • 寛弘8年(1011年)2月1日:右少弁、6月13日:東宮学士
  • 寛弘9年(1012年)正月27日:備中介
  • 長和2年(1013年)正月7日:従五位上(弁)、15日:昇殿
  • 長和3年(1014年)正月10日:五位蔵人、12月5日:春日社行幸行事(『小右記』)
  • 長和4年(1015年)2月18日:左衛門権佐、25日:蒙使宣旨
  • 長和5年(1016年)正月29日:止蔵人、三條院判官代、2月8日:五位蔵人
  • 長和6年(1017年)正月7日:正五位下(弁)
  • 寛仁元年(1017年)8月30日:文章博士
  • 寛仁2年(1018年)9月24日:辞博士
  • 寛仁3年12月21日(1020年1月18日):左少弁
  • 寛仁4年(1020年)正月30日:丹波守(去弁。佐労)、2月5日:従四位上(坊労。越階)
  • 寛仁5年(1021年)正月24日:勘解由長官
  • 治安2年(1022年)正月7日:正四位下(造宮行事)
  • 治安3年(1023年)3月15日:式部大輔
  • 万寿5年(1028年)2月19日:播磨守(止長官。大輔如元)
  • 長元7年(1034年)正月:秩満止守
  • 長暦3年(1039年)正月26日:伊予守
  • 長久2年(1041年)3月4日:昇殿
  • 長久4年(1043年)辞大輔
  • 寛徳2年(1045年)4月26日:従三位(造常寧殿功)
  • 永承元年(1046年)4月14日:式部大輔
  • 永承6年(1051年)2月16日:出家

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 尊卑分脈』では9月24日
  2. ^ 小右記長和3年12月5日条
  3. ^ 『小右記』長和5年正月29日条
  4. ^ 『小右記』治安3年12月23日条