神人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神人(じにん、じんにん / しんじん、かみびと / かみんちゅ)とは日本琉球を含む)の神職である。読みにより意味が異なる。

じにん、じんにん
神社に隷属し、雑役などを行った下級神職・寄人。
しんじん、かみびと
神主のこと(主に古典で)。
かみんちゅ
琉球沖縄県鹿児島県奄美群島の信仰における神職。

下級神職・寄人[編集]

神人(じにん、じんにん)とは、古代から中世神社において、社家に仕えて神事、社務の補助や雑役に当たった下級神職寄人である。社人(しゃにん)ともいう。

神人には、神社に直属する本社神人と、諸国に存在する神領などの散在神人とがある。

神人は社頭や祭祀の警備に当たることから武器を携帯しており、平安時代の院政期から室町時代まで、僧兵と並んで乱暴狼藉や強訴が多くあったことが記録に残っている。このような武装集団だけでなく、神社に隷属した芸能者・手工業者・商人なども神人に加えられ、やがて、神人が組織する商工・芸能のが多く結成されるようになった。

京の五条堀川に集っていた祇園社(現 八坂神社)の堀川神人は中世には材木商を営み、丹波の山間から保津川を筏流しで運んだ材木を五条堀川に貯木した。祇園社には、身分の低い「犬神人」と呼ばれる神人が隷属し、社内の清掃や山鉾巡行の警護のほか、京市内全域の清掃・葬送を行う特権を有していた。

日吉大社日吉神人は、延暦寺の権勢を背景として、年貢米の運搬や、京の公家や諸国の受領に貸し付けを行うなど、京の高利貸しの主力にまで成長した。

石清水八幡宮石清水神人は淀の魚市の専売権、水陸運送権などを有し、末社の離宮八幡宮に属する大山崎神人は荏胡麻油の購入独占権を有していた(大山崎油座)。

上賀茂神社下賀茂神社の御厨に属した神人は供祭人(ぐさいにん)と呼ばれ、近江国摂津国などの畿内隣国の御厨では漁撈に従事して魚類の貢進を行い、琵琶湖沿岸などにおける独占的な漁業権を有していた。

琉球の神職[編集]

神人(カミンチュ)とは、琉球の信仰での神職者の通称である。神人の中でも上の位はノロ(祝女)と呼ばれる。尚、民間に浸透していたユタとは別格である。

琉球王国以来の聖地であり、古代の信仰を現在も残しているといわれる久高島には「男は海人(うみんちゅ)、女は神人(かみんちゅ)」なる常套句が残っており、かつて男性は労務に女性は神職に従事した社会であったことを言い伝えている。1978年まで久高島では神人として認められる儀式「イザイホー」が行われていたが、1978年を最後に後継者がいない為行われていない。現在では、久高島出身の女性=神人というわけでは決してない。だが現在久高島及びその周辺では、自らを「神人」「ノロ」と自称し、ヒーリングニューエイジなどの看板を掲げ、スピリチュアル商売をする人々が問題視されている[要出典]

関連項目[編集]