藤原綏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 綏子(ふじわら の すいし・やすこ、天延2年(974年) - 寛弘元年2月7日1004年2月29日))は平安時代中期、三条天皇皇太子時代の妃。公式の身分は正二位尚侍摂政太政大臣藤原兼家の三女で、母は「対の御方」とよばれて兼家に寵愛された従三位藤原国章の娘。

生涯[編集]

永延元年(987年)9月に14歳で尚侍となり麗景殿を局とし、永祚元年(989年)12月9日に16歳で2歳年下の甥(異母姉超子の子)にあたる東宮・居貞親王(のちの三条天皇)に参入した[1]。東宮元服の夜に添臥として参上したともいわれる[2][3]。容貌が美しく、素直な気質で、最初は東宮に寵愛された[2]が、ふとしたきっかけで寵愛を失い、土御門西洞院の里第に籠もるようになった。寵愛を失ったことに関して、『大鏡』によれば、夏の日、東宮は綏子に「私を愛するならば、私が良いというまで持っていなさい」と言って、氷を手に持たせたのを、綏子は従順に手が紫色に変わるまで持っていたことから、却って興ざめした東宮の心証を悪くしたという逸話がある。

のちに、東宮と同じく村上天皇の皇孫である弾正大弼源頼定密通事件を起こした。発覚する前、疑わしく思った東宮は綏子の異母兄道長に実検を命じた。道長は綏子のもとに参上するや、いきなり彼女の着ていた衣を荒っぽく開いて乳房を捻り、母乳が迸ったのを確認して帰参し、東宮に密通懐妊の事実を啓上した。東宮は頼定を憎らしく思う上で、「道長もそこまでしなくてもよかったのに」と、異母兄の去った後で大層泣いたという綏子の心中を思いやって少し不憫にも思ったとも伝わる。しかし、この密通に東宮は怒り、春宮坊の護衛官らに命じて頼定を蹴殺してやろうかと思ったほどだったが、共に祖父とする村上天皇の名を穢したくはないと思いとどまったとされる。ただし東宮が三条天皇として即位するとその在位中に頼定の昇進は一切なく、昇殿すら許されなかった[4]。この一件は長徳年間(995年999年)の出来事であるらしく、綏子と頼定の間に生まれた男の子は後に僧都となった頼賢であるといわれている[5]

内裏退出後は土御門殿に移り、姉・詮子(東三条院)や弟・道長の庇護を受けた[6]長保元年(999年)正月に正二位に叙された[1]。寛弘元年(1004年)2月3日に重篤に陥り、意識不明となったまま7日夜剃髪し薨去享年31。

脚注[編集]

  1. ^ a b 一代要記
  2. ^ a b 栄花物語
  3. ^ 大鏡
  4. ^ 『大鏡』第四巻、「太政大臣兼家」
  5. ^ 平安時代史事典
  6. ^ 東海林亜矢子『平安時代の后と王権』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-04642-8)P67-68