毛利重就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利重就
Mouri Shigenari.jpg
毛利重就像
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保10年9月10日[1]1725年10月15日
死没 寛政元年10月7日1789年11月23日[1]
改名 岩之丞(幼名[1]
→ :元房[1]匡敬まさたか
→ 重就(しげなり→しげたか)
諡号 英雲公[1]
戒名 英雲院殿前二州太守四品吏部大郷羽林次将祐山如靖大居士[1]
墓所 山口県萩市東光寺[1]
官位 従五位下甲斐守[1]、従四位下侍従・大膳大夫[1]、左近衛少将[1]、式部大輔[1]
従三位明治41年[1]
長州藩藩主
氏族 毛利氏
父母 父:毛利匡広[1]、母:性善院(飯田氏)[1]
養父:毛利宗広
兄弟 演暢院(有馬一準室)、師就政苗広定
重就増山正贇
正室:登代(立花貞俶娘・瑞泰院)[1]
側室:利尾(家臣飯田存直娘)
側室:留楚(佐竹氏家臣武藤群次妹)
側室:種織(家臣河野通貞娘)
匡満治親匡芳親著(六男)、
友(山内豊雍正室)、勢代(有馬頼貴正室)、
好(藤井松平信亨正室)、
佐代(鷹司輔平室)、
澄(奥平松平忠啓正室)、
長(毛利匡邦正室のち前田利謙正室、顕徳院)、
娘(内藤信旭正室)、列(井伊豊吉婚約者)、
多鶴(近衛経熙婚約者)、
養子:毛利重広[2]、養女:(保科松平容頌継室[2]

毛利 重就(もうり しげなり/しげたか)は、長門長府藩第8代藩主、のち長州藩第7代藩主。ははじめ元房(もとふさ)、のち匡敬(まさたか)、重就(しげなり)、さらに重就(しげたか)と改めた。

経歴[編集]

享保10年(1725年[1]、長州藩支藩の長府藩主毛利匡広の十男として生まれる。幼名は岩之丞[1]。匡広の跡を継いだ五男の師就が享保20年(1735年)に死去した際、師就の実子・多賀之丞(毛利教逵)は出生が幕府に未届けで相続が認められず、匡広の七男の政苗、八男の広定はそれぞれ清末藩主、右田毛利家を継いでおり、仮養子として届けられていた岩之丞(重就)が家督を相続することになった。また、宝暦元年(1751年)には本家にあたる長州藩第6代藩主・毛利宗広が早逝し、世嗣がないことなどで、末期養子として家督を相続する。

長州藩は、天災による米の不作、藩商品の販売不振などにより収入が減少し、財政赤字に陥っていた。重就は藩主就任と同時に坂時存長沼正勝ら3家老を招集し、改革案の提出を要請する。宝暦3年(1753年)「三老上書」が提出される。内容は、経費の削減などから新田開発、荒廃田の復旧、築港による流通整備などが掲げられていた。

重就はまず検地を行い、8年後には新たに4万石分の収入を得ることに成功した。この収入を藩財政には組み込まず撫育方を設立させ、こちらの資金として充てる。撫育方はこの資金を元手に明和元年(1764年)、鶴浜を開作、伊崎を埋め立て今浦港を築港、4年後には室積・中関(三田尻)の港整備を行う。

港の改良により回船の寄港地として発展させると同時に、藩物品の販売、回船業者への資金貸し付け、倉庫貸出などを行い、利益を得る。撫育方がほぼ全てにあたった。

また、塩田開発も進め、明和年間には21万石に上がる収益を得たと言われている。この他にも製紙、製蝋、製糖などにも力を入れた(防長三白)。一方で、過度な年貢取り立てなどの政策は一揆に悩まされることにもなった。

天明元年(1781年)、徳川家治の嗣子に一橋家の男子の豊千代が決定し、徳川家斉と改名すると、“しげなり”の“なり”が将軍嗣子の本名と同じ(「就」が「斉」と同じ読みである)ため、読みを“しげなり”から“しげたか”に改める[3]

天明2年(1782年)に家督を四男の治親に譲って隠居し[1]、自身は三田尻三田尻御茶屋に住んだ。7年後の寛政元年(1789年)に死去した[1]。享年64[1]

墓所は山口県萩市東光寺[1]

系譜[編集]

参考は「萩市史・第一巻」など

系図[編集]

実際の親子関係のみを示す。

 
 
 
 
 
 
秀元
(長府1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光広
(長府2)
元知
(清末1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱元
(長府3)
匡広
(清末2/長府6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
演暢院
(有馬一準正室)
慧照院
(増山正武正室)
師就
(長府7)
政苗
(清末3)
広定
(右田家)
重就
(長府8/長州7)
 
 
 
増山正贇
(伊勢長島藩主)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重広
(重就世子)
匡満
(長府9)
治親
(長州8)
 
 
 
匡芳
(長府10)
 
 
 
親著
 
増山正賢
(伊勢長島藩主)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉房
(長州9)
斉煕
(長州10)
 
 
 
元義
(長府11)
 
 
 
斉元
(長州11)
毛利政明
(清末5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由美子
(斉元正室)
斉広
(長州12)
元寛
(元義世子)
元運
(長府12)
元承
(清末7)
敬親
(長州13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
都美子
(敬親正室)
元周
(長府13)
安子
(元徳正室)
元敏
(長府14)
 
 
 

主要家臣[編集]

「大武鑑・中巻」掲載の宝暦5年(1755年)の主要家臣は以下の通り

【一門八家】

宍戸出雲毛利筑後毛利七郎兵衛毛利虎槌毛利宮内毛利彦治(次)郎益田越中福原豊前

【家老】

宍道外記、清水長左衛門、浦主計

【毛利重広附】

井原孫左衛門、児玉縫殿

用人

三戸是令、小川貞右衛門、赤川仁右衛門、桂五郎左衛門

【毛利重広附用人】

三浦内左衛門、中井定右衛門

城使

周布与三右衛門、嶋尾五郎右衛門、有福庄右衛門、都筑弥右衛門

偏諱を与えた人物[編集]

匡敬時代

重就時代

(※前述した通り、「就」の読みは初め「なり」、天明元年(1781年)以降は「たか」と読まれる。1781年から(重就が隠居した)天明2年(1782年)に授与された者は初めから読みは「たか」である。)

伝記[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『長府系図』では長府で誕生したとする[6]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 時山弥八編 1916, p. 102.
  2. ^ a b c d e f 時山弥八編 1916, p. 103.
  3. ^ 小川国治『毛利重就』及び『萩市史・第一巻』参照
  4. ^ a b c d e 時山弥八編 1916, p. 104.
  5. ^ 時山弥八編 1916, pp. 104-105.
  6. ^ a b c d e f g h i 時山弥八編 1916, p. 105.
  7. ^ 時山弥八編 1916, pp. 103-104.
  8. ^ a b c d e 時山弥八編 1916, p. 106.
  9. ^ a b c 時山弥八編 1916, pp. 106-107.

参考文献[編集]

  • オープンアクセス時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592

外部リンク[編集]