毛利秀就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利秀就
Mouri Hidenari.jpg
毛利博物館所蔵
生誕 文禄4年10月18日[1]1595年11月19日
死没 慶安4年1月5日1651年2月24日[2]
改名 松寿丸[1]幼名[3])→秀就
別名 通称:藤七郎[1][3]
諡号 大照公[2]
戒名 大照院殿前二州太守四品羽林次将月礀紹澄大居士[2]、大照院月礀紹澄[3]
墓所 山口県萩市椿青海の大照院[2][3]
官位 従四位下[2]右近衛権少将[2]
主君 豊臣秀頼徳川家康秀忠家光家綱
長州藩藩主
氏族 毛利氏
父母 父:毛利輝元[4]、母:清泰院[1]
兄弟 秀就就隆[5]、竹姫(吉川広正室)[5]
正室:結城秀康の娘・喜佐姫[2]
松寿丸、和泉守、大吉丸、綱広、登佐姫(松平光長正室)、竹姫(鷹司房輔室)
テンプレートを表示

毛利 秀就(もうり ひでなり)は、江戸時代初期の大名で、長州藩初代藩主。

毛利輝元の長男[4][3]。母は側室児玉元良の娘清泰院(二の丸殿)[1]毛利就隆の兄[5]。正室は結城秀康の娘・喜佐姫徳川秀忠の養女・龍昌院)[2]。子に松寿丸[6]綱広(四男)[7]、登佐姫(越前松平光長正室)[2]、竹姫(鷹司房輔室)ほか[6]

生涯[編集]

幼年の当主[編集]

文禄4年10月18日1595年11月19日)、安芸広島城で生まれる(異説あり・後述[1][3]毛利元就の嫡曾孫にあたる。

輝元は長く実子に恵まれなかったため、従弟の毛利秀元を養嗣子に迎えていたが、秀就(初名は秀成とも)が生まれると、秀元には別家を立てさせている。慶長4年(1599年)、豊臣秀頼の近侍となり、秀頼を烏帽子親として元服豊臣姓を与えられ、偏諱を受けて秀就と名乗った[3][注釈 1]

関ヶ原の戦いで西軍が敗れると、毛利家は長門周防2か国29万8千石[注釈 2]に減封され、輝元に代わって秀就が当主となった。しかし幼年のため、幕府からは輝元と共同での藩主と見なされていたようで、政務は秀元が行なった。慶長6年(1601年)にはじめて江戸に赴き、徳川家康と面会した[3]。慶長8年(1603年)には江戸外桜田に屋敷を拝領する[3]。慶長9年(1604年)から築城が始まった萩城に、築城者である輝元とともに入城[注釈 3]。慶長13年(1608年)、大御所徳川家康の命によって家康の次男・結城秀康の娘の喜佐姫を正室に迎え[2]越前松平家の一門となり松平長門守を称した[9]

慶長15年(1610年)に領内の新たな検地が行なわれ、53万9268石余を幕閣に申告したが、検地時に一揆が発生したこと、東軍に功績のあった隣国の安芸広島藩福島正則とのつりあいなどを理由に、幕府は検地高の7割に相当する36万9千石を、毛利家の表高として公認した。この表高は幕末まで変わることはなかった。

慶長16年(1611年)12月、江戸での証人としての勤めを終えて幕府から帰国を許され、初めて領国に入った。その際に、幕府より10万石の役儀を免ぜられ、小袖銀子などを拝領している[10]。これらの幕府の処置に対し、輝元は福原広俊への書状で感謝の意を漏らしている[11]。慶長18年(1613年)1月には再び江戸に赴いて将軍・秀忠に謁見し、翌年まで桜田の毛利邸に滞在した[11]

大坂の陣[編集]

慶長19年(1614年10月11日、徳川家康が駿府を発して大坂城攻撃の途に上ると、同年10月18日に輝元の命を受けた神村元種が密かに本多正純と会見し、秀就の弟・就隆も出陣すべきかを協議。その結果、就隆だけでなく毛利輝元、秀就、秀元も出陣することで意見が一致したため、本多正純は10月24日に輝元へ出陣を要請した[12]。さらに秀忠が11月10日に伏見に到着すると、秀忠に従軍する酒井忠世土井利勝安藤重信は江戸にいる秀就と秀元に早々に西上するよう要請した[13]。輝元は11月11日長門国を発し、11月17日摂津国兵庫に着陣したが、病により家康から帰国許可を得て、秀就が到着し次第帰国することとなった。家康の要請により輝元は11月21日夕刻に秀就に対し急遽西上することを督促した[14]。秀就は12月6日に秀元と共に大坂に到着して茶臼山に布陣した家康や西宮の輝元と会見した後に大坂へ布陣した。秀就は大坂冬の陣に参戦し、これが秀就の初陣となった[15]

同年12月19日には徳川方と豊臣方の間で講和が成立し、毛利氏も大坂城の堀の埋め立て普請を手伝う事となったが、徳川秀忠は青山忠俊板倉重宗を秀就のもとに派遣し、堀の埋め立ては急ぐよう通達。また、普請が終われば秀就の帰国が認められることとなった。12月27日に秀就は毛利元倶毛利元景に秀忠からの通達を連絡し、翌12月28日には元倶と元景に黒印の法度を出し、堀の埋め立て普請助役に関する注意事項を伝えた。慶長20年(1615年1月23日には堀の埋め立てが完了し、1月下旬には秀就も秀元と共に帰国した[16]

しかし、慶長20年(1615年)4月10日付けの本多正純の奉書4月17日に輝元と秀就宛てに届いた。内容は、徳川方と豊臣方が手切れとなった際には摂津国の兵庫、西宮、尼崎付近へ出陣する準備を命じるものであり、一方で、出陣命令を受けるまではもし家康が上洛したとしても国許で指示を待つようにというものであった。輝元と秀就は、奉書を受け取った17日に直ちに秀元を毛利軍の先鋒とし、宍戸元続、毛利元倶、毛利元宣毛利元鎮らを従軍させると決定した。4月18日に家康が二条城に、4月21日に秀忠が伏見城に入ったことで本多正純は毛利氏への出陣を要請。4月28日に先鋒としてまず秀元が出陣し、秀就は5月4日吉川広正や宍戸元続をはじめとする毛利氏の主力を率いて周防国三田尻を出航した。秀就は5月10日に兵庫を経て西宮に着陣したが、既に5月8日に大坂城が陥落して大坂夏の陣は終戦しており、家康も二条城へと凱旋していた。そこで、伏見から秀就を出迎えた福原広俊の意見に従って、5月11日に伏見で本多正信に面会し、進退についての指示を求めた。正信は早々に家康に謁見することを秀就に勧めたため、5月12日に毛利秀元と吉川広正を伴って二条城で家康に謁見し、大坂城攻撃に間に合わなかったことを謝罪した。しかし家康は、そもそも毛利氏へ出陣命令を出すことが遅れたことが原因であるとして不問としたため秀就は安堵し、伏見の毛利邸に暫く滞在した[17]。家康は秀就が遠国から急行した労を謝して同年7月には暇を出し、秀就は直ちに毛利秀元や吉川広正をはじめとする毛利氏の全軍を率いて帰国した[18]

単独での政務[編集]

元和9年(1623年)に父が正式に隠居し、秀就が単独で藩主を務めるも、藩政は後見人の秀元、益田元祥清水景治らが担当、秀就に権力はほとんどなかった。

寛永2年(1625年)、秀元が中心となって、一門を含めた家臣団の大幅な知行地の入れ替えを行った。知行地の入れ替えの例としては、毛利元倶が周防国熊毛郡三丘から佐波郡右田へ、毛利元景が周防国玖珂郡椙杜から長門国豊浦郡阿川へ、毛利元包が長門国豊浦郡阿川から周防国吉敷郡吉敷へ、福原元俊が周防国吉敷郡吉敷から長門国厚狭郡宇部へ、宍戸元匡が周防国佐波郡右田から熊毛郡三丘へ移動していることが挙げられる。また、家臣団の削減も行っており、元和8年(1622年)の分限帳と寛永4年(1627年)の分限帳を比較すると、約160人が減少している。しかし、これらの施策には秀元の思惑の影響が多大にあったことが指摘されており、例えば知行地の入れ替えでは秀元と懇意であった毛利元倶毛利元包が防長両国の要衝である右田と吉敷に移動しているのに対して、秀元と折り合いの悪かった福原広俊の子である福原元俊は民家も少なく土地も痩せていた宇部への移動となっている。また、秀就と縁戚関係にあった児玉家が輝元の遺言を名目として突如暇を出されているが、これも児玉景唯が秀元と不仲であったことが関係しているとされる[19]

寛永3年(1626年)の大御所・徳川秀忠、将軍・家光父子の上洛に付き従い、二条城行幸に供として加わり右近衛権少将に任ぜられた[3]

しかし次第に秀元と対立し、寛永8年(1631年)に秀元が後見人を辞任してからは不和が深刻になる。寛永11年(1634年)に秀元が独立を画策したり、江戸城普請を拒否したりしたことから、事態を憂慮した幕府の仲裁で寛永13年(1636年)に秀元と和睦、対立は終息した[20][21]。秀元の後見人辞任後の寛永9年(1632年)は義兄弟の吉川広正が後見人となっているが、実際の藩政は重臣たちに任せているため、秀元の辞任で藩主を中心とした権力は確立したとされる[22]

慶安4年(1651年)1月5日[2][3]、萩城において[2][3]57歳で死去し[2][3]、跡を四男の綱広が継いだ。

出生について[編集]

前述の通り、通説では秀就は文禄4年(1595年)に広島で生まれたとされているが、異説として天正19年(1591年)に長門厚東郡四ケ小野村(現在の宇部市小野地区)で出生したとの説がある[23][24][25]。これは、宇部市小野地区に残る古文書に「秀就は小野村で生まれた」との記述があることから小野郷土史懇話会の会員が調査したもので、厚東郡小野村の領主であった財満家の文書や伝承から、財満忠久就久父子の屋敷が出生地であると結論づけた。この説によると、輝元の正室・南の方を非常に恐れていた側室の二の丸殿は、懐妊が発覚すると秘密裏に財満家に匿われて、そのまま密かに出産したとされる[26]。また、出生後の処置について小早川隆景に相談した記録も発見された(財満家文書)。財満屋敷跡がある同地には、秀就の誕生時に使われたという「産湯の池」や暗殺を逃れるための「穴蔵」などが残るほか、村人たちが秀就の成長を高良神社で祈願したとの伝承も残っている[27]

人物[編集]

大大名の子として苦労せずに育った秀就の若い頃の素行は悪く、毎晩夜遅くまで遊んでいたために昼間は寝不足状態で、書類の決裁などの政務もまともに行えない状態であった[28]。また、初めて領国入りした時にはあまりにも威圧的な態度を取ったために、秀就が来ると聞くと百姓たちは山へ逃げてしまうほどだった[29]。家臣たちや秀元が諌めても行動が一向に改まらないため、父の輝元は秀就を叱ったがその効果はなく、徳川家康が病に倒れた時に江戸下屋敷で遊び呆け、その行動が駿府の町人の噂にまでなっていた[30]

一方、秀元はかねてより声望が高く、3代将軍徳川家光御伽衆として信頼されるほどであり、この声望の差が後に見るような秀就と秀元の軋轢を深刻にする要因の一つにもなっている[31]。また、領国が越前松平家の松平忠直が配流された豊後国に近いにもかかわらず、娘を忠直の嫡子松平光長に嫁がせたことは評判が悪く、「不調法な縁談」とされたが、それでも「毛利殿は生まれつき不調法だから構わない」という理由で許可された(つまり幕閣にも軽く扱われていた)、と当時小倉藩主だった細川忠利は父の細川忠興に書き送っている[32]

父とは対照的に、元養兄にして後見人でもあった秀元や、弟の毛利就隆、姻族の福井藩の越前松平家とは軋轢があった。秀元は成人してもなお秀就を軽んじ、将軍の御伽衆であることをかさに着て、秀就との間にしばしば深刻な確執を引き起こし、幕府の仲裁も受けている。また秀元が息子の光広の正室に秀就の娘を所望したが、秀就が断ったために仲が険悪になったとされる。

他方で、徳山藩祖の就隆は同母弟であるが、萩藩がたびたび手伝普請を命じられたために、就隆の徳山藩に援助を求めたものの、徳山藩の財政難を理由に断わられたので就隆と険悪となり、これが萩藩と徳山藩との軋轢の初めとなる。

越前家は以後、毛利家の後見的位置にあったが、かなりの緊張関係が存在したようで、元禄12年(1699年)には毛利元重の処遇をめぐって越前家と毛利家が衝突寸前になる事件が起こっている。

偏諱を与えた人物[編集]

官暦[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 秀元と同名になるのを避けるため、2文字目は曽祖父の毛利元就より1字を取った[8]
  2. ^ 慶長5年の検地による石高。慶長10年(1605年)の毛利家御前帳にも同様の石高が記載。
  3. ^ 完工は慶長13年(1608年)だが、慶長9年(1604年)12月には入城している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 時山弥八編 1916, p. 85.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 時山弥八編 1916, p. 86.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 吉田 1976, p. 235.
  4. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 83.
  5. ^ a b c 時山弥八編 1916, p. 84.
  6. ^ a b c d e f g 時山弥八編 1916, p. 87.
  7. ^ a b c d e f g h i 時山弥八編 1916, p. 88.
  8. ^ 村川 2000, p. 41.
  9. ^ 村川 2000, p. 75.
  10. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 671.
  11. ^ a b 毛利輝元卿伝 1982, p. 672.
  12. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 673.
  13. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 674.
  14. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 678.
  15. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 679.
  16. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 684.
  17. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 687-689.
  18. ^ 毛利輝元卿伝 1982, p. 690.
  19. ^ 田中 2016, p. 99-101.
  20. ^ 児玉幸多 & 北島正元監修 1976, pp. 362-363.
  21. ^ 児玉、P362 - P363。
  22. ^ 脇正典 1993, pp. 68-69.
  23. ^ [要文献特定詳細情報][要文献特定詳細情報]」『山口県地方史研究』第104号、山口県地方史学会、2010年11月、 [要ページ番号]ISSN 0289-1751
  24. ^ 「戦国領主 財満家」を顕彰、小野の館跡に大型石碑 - 宇部日報
  25. ^ 「生誕地は宇部」記念碑建立 初代長州藩主、毛利秀就
  26. ^ 二の丸様の顕彰碑
  27. ^ 毛利秀就公「誕生の地」をPR、小野に史跡保存会 - 宇部日報
  28. ^ 山本 2003, p. 94.
  29. ^ 山本 2003, p. 96.
  30. ^ 山本 2003, p. 99.
  31. ^ 山本 2003, pp. 99-101.
  32. ^ 山本 2003, pp. 156-157.
  33. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 89.

参考文献[編集]

関連項目[編集]