毛利秀就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
毛利秀就
Mouri Hidenari.jpg
生誕 文禄4年10月18日[1]1595年11月19日
死没 慶安4年1月5日1651年2月24日[2]
改名 松寿丸[1]幼名[3])→秀就
別名 藤七郎[1][3]通称
諡号 大照公[2]
戒名 大照院殿前二州太守四品羽林次将月礀紹澄大居士[2]、大照院月礀紹澄[3]
墓所 山口県萩市椿青海の大照院[2][3]
官位 従四位下[2]右近衛権少将[2]
主君 豊臣秀頼徳川家康秀忠家光家綱
長州藩藩主
氏族 毛利氏
父母 父:毛利輝元[4]、母:清泰院[1]
兄弟 秀就就隆[5]、竹姫(吉川広正室)[5]
正室:結城秀康の娘・喜佐姫[2]
松寿丸、綱広(四男)、土佐(松平光長正室)
竹(鷹司房輔室)

毛利 秀就(もうり ひでなり)は、江戸時代初期の大名で、長州藩初代藩主。

毛利輝元の長男[4][3]。母は側室児玉元良の娘清泰院(二の丸殿)[1]毛利就隆の兄[5]。正室は結城秀康の娘・喜佐姫徳川秀忠の養女・龍昌院)[2]。子に松寿丸[6]綱広(四男)[7]、土佐(越前松平光長正室)[2]、竹(鷹司房輔室)ほか[6]

生涯[編集]

文禄4年10月18日1595年11月19日)、安芸国広島城で生まれる(異説あり・後述)[1][3]。家系としては毛利元就のひ孫であるが、母方では児玉氏湯原氏尼子氏と繋がり、6代前は尼子経久である[要出典]

輝元は長く実子に恵まれなかったため、従弟の毛利秀元を養嗣子に迎えていたが、秀就(初名は秀成とも)が生まれると、秀元には別家を立てさせている。慶長4年(1599年)、豊臣秀頼の近侍となり、秀頼を烏帽子親として元服豊臣姓を与えられ、偏諱を受けて秀就と名乗った[3][注釈 1]

関ヶ原の戦いで西軍が敗れると、毛利家は長門周防2か国29万8千石[注釈 2]に減封され、輝元に代わって秀就が当主となった。しかし幼年のため、幕府からは輝元と共同での藩主と見なされていたようで、政務は秀元が行なった。 慶長6年(1601年)にはじめて江戸に赴き、徳川家康と面会した[3]。慶長8年(1603年)には江戸外桜田に屋敷を拝領する[3]。 慶長9年(1604年)から築城が始まった萩城に、築城者である輝元とともに入城[注釈 3]。 慶長13年(1608年)、大御所徳川家康の命によって家康の次男・結城秀康の娘の喜佐姫を正室に迎え[2]越前松平家の一門となり松平長門守を称した[9]

慶長15年(1610年)に領内の新たな検地が行なわれ、53万9268石余を幕閣に申告したが、検地時に一揆が発生したこと、東軍に功績のあった隣国の広島藩福島正則とのつりあいなどを理由に、幕府は検地高の7割に相当する36万9千石を、毛利家の表高として公認した。この表高は幕末まで変わることはなかった。

慶長20年(1615年)の大坂の陣では徳川方として参戦している[3]

元和9年(1623年)に父が正式に隠居、単独で藩主を務めるも、藩政は後見人の秀元・益田元祥清水景治らが担当、秀就に権力はほとんどなかった。寛永3年(1626年)の大御所・徳川秀忠、将軍・家光父子の上洛に付き従い、二条城行幸に供として加わり右近衛権少将に任ぜられた[3]

しかし次第に秀元と対立し、寛永8年(1631年)に秀元が後見人を辞任してからは不和が深刻になる。寛永11年(1634年)に秀元が独立を画策したり、江戸城普請を拒否したりしたことから、事態を憂慮した幕府の仲裁で寛永13年(1636年)に秀元と和睦、対立は終息した[10][11]。秀元の後見人辞任後の寛永9年(1632年)は義兄弟の吉川広正が後見人となっているが、実際の藩政は重臣たちに任せているため、秀元の辞任で藩主を中心とした権力は確立したとされる[12]

慶安4年(1651年)1月5日[2][3]、萩城において[2][3]、57歳で死去し[2][3]、跡を四男の綱広が継いだ。

出生について[編集]

前述の通り通説では、秀就は文禄4年(1595年)に広島で生まれたとされているが、異説として天正19年(1591年)に長門厚東郡四ケ小野村(現在の宇部市小野地区)で出生したとの説がある[13][14][15]。これは、宇部市小野地区に残る古文書に「秀就は小野村で生まれた」との記述があることから小野郷土史懇話会の会員が調査したもので、厚東郡小野村の領主であった財満家の文書や伝承から、財満忠久就久父子の屋敷が出生地であると結論づけた。この説によると、輝元の正室・南の方を非常に恐れていた側室の二の丸殿は、懐妊が発覚すると秘密裏に財満家に匿われて、そのまま密かに出産したとされる[16]。また、出生後の処置について小早川隆景に相談した記録も発見された(財満家文書)。財満屋敷跡がある同地には、秀就の誕生時に使われたという「産湯の池」や暗殺を逃れるための「穴蔵」などが残るほか、村人たちが秀就の成長を高良神社で祈願したとの伝承も残っている[17]

人物[編集]

大大名の子として苦労せずに育った秀就の若い頃の素行は悪く、毎晩夜遅くまで遊んでいたために昼間は寝不足状態で、書類の決裁などの政務もまともに行えない状態であった[18]。また、初めて領国入りした時にはあまりにも威圧的な態度を取ったために、秀就が来ると聞くと百姓たちは山へ逃げてしまうほどだった[19]。家臣たちや秀元が諌めても行動が一向に改まらないため、父の輝元は秀就を叱ったがその効果はなく、徳川家康が病に倒れた時に江戸下屋敷で遊び呆け、その行動が駿府の町人の噂にまでなっていた[20]

一方、秀元はかねてより声望が高く、3代将軍徳川家光御伽衆として信頼されるほどであり、この声望の差が後に見るような秀就と秀元の軋轢を深刻にする要因の一つにもなっている[21]。また、領国が越前松平家の松平忠直が配流された豊後国に近いにもかからず、娘を忠直の嫡子松平光長に嫁がせたことは評判が悪く、「不調法な縁談」とされたが、それでも「毛利殿は生まれつき不調法だから構わない」という理由で許可された(つまり幕閣にも軽く扱われていた)、と当時小倉藩主だった細川忠利は父の細川忠興に書き送っている[22]

父とは対照的に、元養兄にして後見人でもあった秀元や、弟の毛利就隆、姻族の福井藩の越前松平家とは軋轢があった。秀元は成人してもなお秀就を軽んじ、将軍の御伽衆であることをかさに着て、秀就との間にしばしば深刻な確執を引き起こし、幕府の仲裁も受けている。また秀元が息子の光広の正室に秀就の娘を所望したが、秀就が断ったために仲が険悪になったとされる。

他方で、徳山藩開祖の就隆は同母弟であるが、萩藩がたびたび手伝普請を命じられたために、就隆の徳山藩に援助を求めたものの、徳山藩の財政難を理由に断わられたので就隆と険悪となり、これが宗藩の萩藩と徳山藩との軋轢の初めとなる。

越前家は以後、毛利家の後見的位置にあったが、かなりの緊張関係が存在したようで、元禄12年(1699年)には毛利元重の処遇をめぐって越前家と毛利家が衝突寸前になる事件が起こっている。

偏諱を与えた人物[編集]

官暦[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秀元と同名になるのを避けるため、2文字目は曽祖父の毛利元就より1字を取った[8]
  2. ^ 慶長5年の検地による石高。慶長10年(1605年)の毛利家御前帳にも同様の石高が記載。
  3. ^ 完工は慶長13年(1608年)だが、慶長9年(1604年)12月には入城している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]