毛利匡邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利匡邦
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦11年10月2日1761年10月29日
死没 天保3年10月7日1832年10月30日
改名 寅之進(幼名)、匡邦
別名 政美(別名)
戒名 常明院少翁如林
墓所 東京都港区白金台の瑞聖寺
官位 従五位下、讃岐
幕府 江戸幕府
長門清末藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利政苗、母:平井氏(妙心院)
正室:毛利重就の娘・長子(匡邦のいとこ)
継室:吉田良倶の娘・慈明院
継々室:日野資矩の娘・寂照院
側室:木村氏
匡民、娘(毛利元世正室)
養子:政明

毛利 匡邦(もうり まさくに)は、長門清末藩の第4代藩主。

生涯[編集]

宝暦11年(1761年)10月2日、第3代藩主・毛利政苗の七男として江戸で生まれる。兄たちが次々と早世したため、宝暦13年(1763年)2月に世子となり、安永4年(1775年)7月29日の父の隠居で家督を継いだ。12月に従五位下、讃岐守に叙任している。

藩政においては天明7年(1787年)に藩校・育英館を創設し、民政や人材登用など、様々な藩政改革を行なったが、この改革が逆に財政悪化を招き、遂には改革反対派の家臣と対立する有様となった。

このような中で、長男・匡民の早世により、文化15年(1818年)3月4日、養子の政明に家督を譲って隠居したが、その政明がすぐに死去したため、政明の養子・元世を婿養子として跡を継がせた。

天保3年(1832年)10月7日に江戸で死去した。享年72。