毛利元世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 元世(もうり もとよ、寛政8年9月29日1796年10月29日) - 弘化2年7月27日1845年8月29日))は、清末藩の第6代藩主。

近江堅田藩主(のちに下野佐野藩主)堀田正敦の六男(仙台藩主・伊達宗村の孫)。正室は長府藩毛利元義の養女(第4代清末藩主毛利匡邦の娘)。官位は従五位下、讃岐守。幼名は紀七郎。初名は堀田正名

文政2年(1819年)8月16日、先代政明の死去により、末期養子として家督を相続した。同年9月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政2年12月16日、従五位下・讃岐守に叙任する。文政10年5月3日、駿府加番を命じられる。天保8年(1837年)9月8日、大番頭に就任する。同年11月25日、辞職する。弘化2年(1845年)7月27日、死去。2男5女あり。2人の男子はいずれも早世したため、家督は本家の長府毛利家から養子に迎えた元承が継いだ。法号は善徳院賢巌良哲。墓所は東京都港区高輪泉岳寺