阿川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿川駅
駅舎
駅舎
あがわ
Agawa
長門粟野 (5.3km)
(3.7km) 特牛
山口県下関市豊北町大字阿川字水取3653-3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 627.4km(京都起点)
電報略号 アカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
49人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1928年昭和3年)9月9日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム側から見た駅舎(2007年8月28日)

阿川駅(あがわえき)は、山口県下関市豊北町大字阿川字水取にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)9月9日 - 国有鉄道小串線(当時)の滝部駅 - 阿川駅間延伸時に、その終着駅として開業。客貨取扱を開始。
  • 1930年(昭和5年)12月7日 - 美禰線(当時)が長門古市駅から当駅まで延伸。小串線と美禰線の境界駅となる。
  • 1933年(昭和8年)2月24日 - 当駅を含む美禰線の一部区間と小串線が山陰本線に編入。山陰本線の途中駅となる。
  • 1963年(昭和38年)6月1日 - 貨物取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。

駅構造[編集]

昔ながらの木造駅舎が残っており、相対式ホーム2面2線の構造を持つ交換可能駅。長門鉄道部管理の無人駅である。近距離の乗車券(常備券のみ)を駅前の個人商店で発売する簡易委託駅であったが、2012年(平成24年)4月1日で終了した。駅舎は下りホーム側にあり、上りホームへは長門市寄りの跨線橋で連絡している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 山陰本線 上り 長門市東萩方面
2 山陰本線 下り 滝部下関方面

のりば番号は駅舎と反対側から付番されている(つまり、駅舎側が2番のりば)。2番のりばからは長門市方面への発車も可能で、以前は定期列車でも2番のりば発着の上り列車が設定されていた。

駅周辺[編集]

駅前に数軒の商店がある。

路線バス[編集]

ブルーライン交通  島戸行き

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 195
2000 176
2001 183
2002 143
2003 146
2004 142
2005 131
2006 143
2007 142
2008 130
2009 117
2010 93
2011 91
2012 74
2013 49
2014 50
2015 50
2016 49

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
長門粟野駅 - 阿川駅 - 特牛駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]