毛利祥久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 祥久(もうり よしひさ、万延元年3月18日[1]1860年4月8日) - 昭和16年(1941年)12月9日[1])は、長州藩一門家老である右田毛利家の13代当主で、男爵銀行家

父は右田毛利家の11代当主毛利元亮で、二男として生まれる[1]

養父は12代当主毛利親信[1]。明治4年(1871年)3月に親信と姉夫婦の養子となる[2]

妻ユリは毛利親彦の三女[1]。子は重雄、須賀子、英子[3]

生涯[編集]

養父親信の没後、明治18年(1885年)6月12日に家督を相続し13代当主となり[2]、同時期に養父が頭取であった第百十国立銀行[4](後の山口銀行)の取締役となった(祥久が頭取だったとの情報もあるが、山口銀行史には取締役としか出てこない)。

明治20年(1887年)11月、取締役毛利祥久、支配人草刈隆一の名義をもって愛知県の三河干拓(毛利新田)の築立に着手[5]と明治銀行史にある。

明治21年(1888年)より、愛知県庁の強力なサポートで新田干拓と新田用水路の工事を進めて行った[6]

毛利新田は度々の災害に遭いながら奮闘努力したが、明治25年(1892年)に堤防破壊による浸水で多くの死亡者が出たことで、遂に開発を断念した[6]

それまでの経費は40万円[2]とも言われており、明治銀行史に「明治25年(1892)第百十国立銀行三河干拓事業の蹉跌により巨額の損失を生ず[7]」とある。

祥久は毛利新田に係わる全ての権利を明治26年(1893年)4月に初代神野金之助へ、損失額の約1/10の41,000円で譲渡した[6]

神野金之助は毛利新田の設計を踏襲し工事に工夫と堅固を加えて完成させ、明治29年(1896年)に神野新田の完工式を行った[6]

祥久37歳、明治30年(1897年)に父元亮の遺功により男爵を授けられ、明治35年(1902年)11月には正四位を追贈せられた[2]

祥久は日露戦争(明治37年(1904年)から明治38年(1905年))に際しては、多額の軍費を献納した事により金盃を下賜されている[2]

晩年は悠々自適、花卉園藝を楽しんだが、昭和16年(1941年)12月、82歳の老齢で逝去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』下巻、733頁。
  2. ^ a b c d e f 開校廿周年記念東三河産業功労者伝『毛利祥久』. 豊橋市立商業学校. (昭和18年(1943)). 
  3. ^ 『人事興信録』第8版(1928年)
  4. ^ (株)山口銀行『山口銀行史』(1968.09) 渋沢社史データベース
  5. ^ (株)山口銀行『山口銀行史』(1968.09) 渋沢社史データベース
  6. ^ a b c d 神野新田紀事. 神野金之助. (明37年7月(1904)). 
  7. ^ (株)山口銀行『山口銀行史』(1968.09) 渋沢社史データベース

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
右田毛利家初代
1897年 - 1935年
次代:
毛利重雄