毛利熙徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 熙徳(もうり ひろのり、文化3年(1806年) - 天保9年10月7日1838年11月23日))は、長州藩一門家老である阿川毛利家の13代当主。

父は毛利房嘉。弟に毛利広悌(毛利上野、四男に毛利親直)、子に毛利親彦通称は少輔三郎、志摩。初名は長教(ながのり)。別名に熙孝(ひろたか)が伝わる。は煕徳、凞徳とも表記する。

生涯[編集]

文化3年(1806年)、一門毛利房嘉の長男として生まれる。文化4年(1807年)、父の死去により家督を相続する。藩主毛利斉熙偏諱を受けて熙徳(または熙孝)と名乗り、加判役(家老)として仕えた。陶工蔵崎貞之進を召抱え、領内飯の山に御用窯を開設している。

天保9年(1838年)10月7日死去。享年33。家督は嫡男の親彦が相続した。

吉田松陰の外祖父の村田右中は熙徳に仕えた。

参考文献[編集]

  • 石川卓美著「防長歴史用語辞典」