大照院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大照院
所在地 山口県萩市椿4132
位置 北緯34度23分43.5秒 東経131度23分8.9秒 / 北緯34.395417度 東経131.385806度 / 34.395417; 131.385806座標: 北緯34度23分43.5秒 東経131度23分8.9秒 / 北緯34.395417度 東経131.385806度 / 34.395417; 131.385806
山号 霊椿山
宗旨 臨済宗
宗派 南禅寺派
創建年 明暦2年
開基 毛利綱広
札所等 中国三十三観音霊場第20番
文化財 本堂、鐘楼門、庫裏、書院、経蔵、木造赤童子立像(重要文化財)
萩藩主毛利家墓所(国の史跡)
公式HP 大照院
法人番号 2250005004424 ウィキデータを編集
大照院の位置(山口県内)
大照院
テンプレートを表示

大照院(だいしょういん)は、山口県萩市にある臨済宗南禅寺派寺院である。中国三十三観音霊場第二十番。

歴史[編集]

延暦年間(8世紀末 - 9世紀初)に月輪山観音寺という前身寺院があったというが、創建の事情は定かでない。その後鎌倉時代末期に建長寺の義翁和尚が大椿山歓喜寺と改め、臨済宗の寺院とした。その後荒廃したが、萩藩2代藩主毛利綱広が亡父の初代藩主秀就の菩提寺とするために承応3年(1654年)から明暦2年(1656年)にかけて再建し、その時秀就の法号にちなんで霊椿山大照院と改めた。

寺は延享4年(1747年)に火災に遭い、現存する本堂等は、その後6代藩主宗広によって再建されたものである。

境内の萩藩主毛利家墓所は国の史跡で、初代(萩での藩主の代数は輝元を初代とせず、秀就を初代として数えている)秀就、2代綱広、4代吉広、6代宗広、8代治親、10代斉煕、12代斉広と2代から12代までの偶数代の藩主と夫人や藩士の墓石があり、墓前には藩士が寄進した石灯籠が600数基ある。

ちなみに奇数代の藩主の廟所は萩市内の黄檗宗寺院東光寺にあり、秀就の父輝元の廟所は萩市の天樹院跡にある。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 本堂 - 入母屋造、桟瓦葺きの方丈形式の仏堂。延享4年(1747年)の火災後、寛延3年(1750年)頃までに再建された。鐘楼門、庫裏、書院も同じ頃の建築である。
  • 鐘楼門 - 江戸時代中期(1750年)の建立。三間一戸二階二重門、入母屋造、桟瓦葺。平成14年(2002)05月23日指定。
  • 庫裏 - 江戸時代中期(1750年)頃の建立。桁行18.1m、梁間18.0m、一重、切妻造、妻入、南面・西面下屋付、東面庇・南面渡廊下及び便所・北面庇・西面便所各附属、本瓦及び桟瓦葺、東面突出部 桁行4.0m、梁間4.0m、入母屋造。平成14年(2002)05月23日指定。
  • 書院 - 江戸時代中期(1750年)頃の建立。桁行21.9m、梁間22.7m、一重、丁字形東面入母屋造、西面寄棟造、北面切妻造、西面北端便所附属、南面東端廊下附属、桟瓦葺。平成14年(2002)05月23日指定。
  • 経蔵 - 江戸時代後期(1755年)の建立。土蔵造、正面6.2m、側面6.2m、一重、宝形蔵、向拝一間、桟瓦葺、八角輪蔵付、北面及び西面張出し附属。平成14年(2002)05月23日指定。
  • 木造赤童子立像 - 南北朝時代の作品。明治35年(1902)07月31日指定。

国の史跡[編集]

  • 萩藩主毛利家墓所 - 萩藩主毛利家の墓所は、大照院隣接地と東光寺隣接地にある。毛利輝元の子の初代藩主秀就は、慶安4年(1651)、萩城で没し、天樹院で火葬されたあと歓喜寺に葬られた。2代藩主綱広は、亡父のため、承応3年、歓喜寺の改修に着手し、明暦2年(1656)に完工した。この時、秀就の法号大照院に因んで寺名を大照院と改めた。大照院は臨済宗の寺で、延享4年に火災のため全焼し、6代藩主宗広の時、寛延3年に再建した。東光寺は、3代藩主吉就が、元禄3年に創建した黄檗宗の寺である。東光寺の創立以降、歴代藩主は大照院の両寺に交互に葬られることとなった。即ち、大照院には、初代藩主秀就・2代藩主綱広・4代藩主吉広・6代藩主宗広・8代藩主治親・10代藩主斉熙・12代藩主斉広の7藩主が、東光寺には、3代藩主吉就・5代藩主吉元・7代藩主重就・9代藩主斉房・11代藩主斉元の5藩主が葬られた。大照院の墓所は、大きく5群に分かれている。墓所内の墓の数は52基で、藩主の墓7基を除いた45基は、藩主室、一族、殉死者等のものである。墓標は、改葬墓1基、新墓2基を除いて、花崗岩製の五輪塔型で統一され、水輪に普の字を、地輪の表には法号、その裏に没年月日を刻むのを原則としている。墓の大きさも藩主夫妻と一族等の2種類に分けてほぼ統一され、藩主夫妻のそれはとくに大型である(総高約4.5メートル)。墓の周囲には玄武岩製の石柱玉垣がめぐらされており、藩主の玉垣の内側と外側には青栗石が敷きつめられている。藩主墓の参道にはそれぞれ鳥居(計7基)が建っていることも特徴である。また、墓所内には、605基の石燈籠がある。この両墓所は、明治初年にそれぞれ大照院・東光寺から分離され(東光寺の墓所は明治4年)、毛利氏の所有となり、現在に至っている。毛利輝元は、慶長5年の関ヶ原の戦いの際、主将におされて豊臣方についた。このため、中国8か国120万余石を領していた毛利氏は、周防・長門2ヶ国36万9千石に削封され、輝元は、同年10月、その責をとって隠居し、子の秀就がわずか6歳で家督を嗣いで萩に移った。寛永2年(1625)、輝元が没すると、天樹院に葬られた。旧天樹院には、五輪塔型、花崗岩製の輝元夫妻の墓、秀就火葬跡が残っている。萩藩主毛利家墓所は、大照院・東光寺ともに、山林を背にして広大な地域に整然と配置され、その規模の大なることといい、荘厳幽邃なことといい、近世大名墓所の代表的なものであり、大名の墓制・葬制を知る上で重要である。昭和56年(1981)05月11日指定。

所在地[編集]

  • 山口県萩市椿4132

拝観[編集]

  • 4~11月 8~17時
  • 12~3月 8~16時30分

拝観料 200円

隣の札所[編集]

中国三十三観音霊場
19 功山寺 -- 20 大照院 -- 21 観音院

外部リンク[編集]