梨羽氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梨羽氏(なしわし、なしわうじ)は、日本の氏族鎌倉幕府の功臣・土肥実平の後裔・小早川氏の庶流一族である。古くは梨子羽とも表記した。

出自[編集]

桓武平氏平良文の流れを汲む相模国土肥郷を発祥とする土肥氏の一族で、土肥実平の子・遠平安芸国沼田荘(広島県三原市)地頭職に補任され、養子・景平がこれを継ぎ小早川氏を称した。その後裔、沼田小早川氏小早川春平の子・時春が沼田荘内の梨子羽郷を分知され梨子羽氏(梨羽氏)を称し、梨羽城(広島県三原市本郷町上北方)を本拠地としたことに始まる。ちなみに景平の実父は平賀義信であったとされ、これ以降は源氏の一族とも言える。

室町・戦国時代[編集]

沼田小早川氏小早川春平の子・時春が沼田荘内の梨子羽郷を分知され、小早川氏の庶子家として始まる。これが梨羽氏の初代当主・梨子羽時春である。その後、数代続くが、戦国時代になると、本家・沼田小早川家から敬平 の子・康平を当主として迎えた。小早川隆景の沼田小早川家婿入りの際には、梨子羽宣平が積極的に貢献し、永禄4年(1561年)に毛利元就隆元父子が新高山城(雄高山城)を訪問した際にも歓迎の宴を主催した。宣平は平賀興貞の次男・景行を養子に迎えている。小早川隆景死後は毛利氏に仕え、関ヶ原の戦い後は毛利氏の周防国長門国長州藩)減封にともない、安芸国梨子羽の地を去った。

江戸時代以降[編集]

江戸時代は長州藩士・寄組(3218石)、大組(683石)として毛利氏に仕え、慶安4年(1651年)、藩主・毛利秀就の死に際して家老であった梨羽就云(なりとも、通称:頼母助)が殉死している。明治時代貴族院議員を務めた梨羽時起は長州藩士・大組(683石)の出身である。

関連項目[編集]