毛利昌祉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 昌祉(もうり まさただ、明和4年(1767年) - 天明2年7月23日1782年8月31日))は、長州藩一門家老である阿川毛利家の10代当主。

父は児玉就行。母は宮城軌貞の娘。兄は児玉親忠。養父は毛利信任。養子は毛利就貞通称は五郎。

生涯[編集]

明和4年(1767年)、児玉就行の次男として生まれる。天明元年(1781年)9月1日、阿川毛利信任の急死によりその遺跡を相続して、長州藩一門家老、阿川領主となる。天明2年(1782年)7月23日没。享年16。家督は7代毛利広漢の弟で繁沢家を相続していた就貞が帰家して相続した。

参考文献[編集]

  • 石川卓美著「防長歴史用語辞典」
  • 「萩藩諸家系譜」