毛利就泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利就泰
時代 江戸時代前期
生誕 寛永4年(1627年
死没 元禄2年1月17日1689年2月6日
改名 繁沢権平→毛利就泰
別名 毛利就嘉(別名)権平、伊織、内蔵助、宇右衛門(通称
墓所 大寧寺山口県長門市深川湯本)
主君 毛利秀就綱広吉就
長州藩
氏族 阿川毛利家
父母 父:毛利就方
正室:毛利元法右田毛利家)の娘
就芝

毛利 就泰(もうり なりやす)は、江戸時代前期の武士長州藩一門家老である阿川毛利家の4代目当主。父は3代目当主の毛利就方。正室は右田毛利家毛利元法の娘。子は毛利就芝

生涯[編集]

寛永4年(1627年)、毛利就方の子として生まれ、初めは「繁沢」の苗字を名乗る。寛永20年(1643年3月3日毛利秀就から「伊織」の官途名と「就」の偏諱を与えられ、就泰(就嘉とも)と名乗った。

延宝4年(1676年8月21日、父・就方の累年の隠居願いが藩主・毛利綱広に聞き届けられて就方が隠居した。就方の隠居によって、嫡男である就泰が家督を相続して阿川領主、長州藩一門家老となり、同時に国元加判役(国元家老)を命じられた。以後、藩主の綱広と吉就の二代に仕え、天和元年(1681年)に当役となった。貞享4年(1687年)には干潟250町歩を拝領し、開作(干拓)により石高を増やした。

元禄2年(1689年1月17日に死去。享年63。嫡男の就芝が家督を相続した。墓所は山口県長門市の深川大寧寺にある。

参考文献[編集]