毛利元直 (大野毛利家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利 元直
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年(1705年
死没 正徳3年9月3日1713年10月21日
改名 万之助(幼名)、元直
別名 阿波(通称
戒名 英性院玉山秀徹
長門長州藩一門
氏族 毛利氏
父母 父:毛利元重、母:大串弁之助の娘

毛利 元直(もうり もとなお)は、江戸時代長門長州藩の一門大野毛利家第3代当主。

長州藩5代藩主・吉広の同母弟元重の子として萩で生まれた。一門大野毛利家2代当主毛利就詮の養嫡子広為福原広俊次男)が、実兄広頼の死去により6代藩主吉元の命で福原家を継いだために、就詮遺跡を継いだ。

1713年10月21日に死去。享年9。家督は山内広直の次男元雅が相続した。

参考文献[編集]