毛利元昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛利 元昭
Motoakira Mouri 01.jpg
毛利元昭
生年月日 元治2年2月7日1865年3月4日
出生地 長門国
没年月日 昭和13年(1938年9月24日
称号 公爵
勲二等旭日重光章
配偶者 毛利富子(徳川慶勝の八女)
毛利美佐子(三条実美の三女)
子女 醍醐顕子(醍醐忠重夫人)
愛宕茂登子(愛宕通経夫人)
毛利元道(公爵)
小早川元治(男爵、小早川四郎養子)
戸田浜子(戸田忠肅夫人)
親族 父・毛利元徳(長州藩主、公爵)
弟・毛利五郎(男爵)
弟・大村徳敏(子爵)
弟・西園寺八郎(公爵)
テンプレートを表示

毛利 元昭(もうり もとあきら、元治2年2月7日1865年3月4日) - 昭和13年(1938年9月24日)は、明治時代華族貴族院議員。毛利宗家の第29代当主。爵位は公爵長州藩最後の藩主であった毛利元徳の長男。幼名は興丸。後に琢堂と号した。

生涯[編集]

毛利元昭の肖像写真

元治2年(1865年)、の八丁邸にて生まれる。父は明治維新の後、旧藩内の拠点を山口から防府三田尻御茶屋に移した。明治3年に多々良山周辺を買収してそこに多々良御殿を建設し、上京する時以外は、その生涯のほとんどをこの御殿で過ごした。後にこの多々良御殿は毛利氏庭園として整備され、国の名勝に指定された。現在では公益財団法人毛利報公会の管理で一般公開されている。

1897年(明治30年)、家督を相続し、公爵・貴族院議員となる。

1911年(明治44年)1月20日、麝香間祗候となる[1]

が得意で、多くの石碑揮毫を行った。

栄典[編集]

系譜[編集]

血筋[編集]

父・元徳は毛利輝元の次男・毛利就隆の男系子孫、母・安子は輝元の長男・毛利秀就の女系子孫。

毛利輝元―就隆―元次広豊就馴広鎮―元徳―元昭
毛利輝元―秀就―大江竹子―西園寺実輔……西園寺賞季―宝珠院―毛利元義―元運―安子―元昭

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8273号、明治44年1月21日。
  2. ^ 『官報』第4200号「叙任及辞令」1897年7月3日。
  3. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  4. ^ 『官報』第7503号「叙任及辞令」1908年7月1日。
  5. ^ 『官報』第8515号「叙任及辞令」1911年11月7日。
  6. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  7. ^ 『官報』第1183号「叙任及辞令」1916年7月11日。
  8. ^ 『官報』第1322号「叙任及辞令」1916年12月27日。
  9. ^ 『官報』第649号「彙報 - 褒章」1929年3月1日。
  10. ^ 『官報』第896号「彙報 - 褒章」1929年12月23日。
  11. ^ 『官報』第1432号「彙報 - 褒章」1931年10月6日。

参考資料[編集]


日本の爵位
先代:
毛利元徳
公爵
毛利家(宗家)第2代
1896年 - 1938年
次代:
毛利元道