毛利元運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛利元運

毛利 元運(もうり もとゆき、文化14年12月9日1818年1月15日)- 嘉永5年閏2月27日1852年4月16日))は、長門長府藩の第12代藩主。

第11代藩主・毛利元義の三男。母は林香院。正室は土屋彦直の娘・欽麗院。子に元敏(六男)、元功(八男)、鏻子(家老細川周崔室。死別後細川頼彬室、のち離縁)、安子毛利元徳正室)。養子に元周。官位は従五位下、左京亮、甲斐守。幼名は雅之助。

経歴[編集]

江戸で生まれる。文政10年(1827年)、兄の元寛が早世したために長府藩嗣子となる。天保2年(1831年)に叙任して左京亮と称し、天保12年(1841年)9月21日の父の隠居により跡を継いだ。藩政では節約や海防警備、軍事力の強化に努めた。嘉永5年(1852年)閏2月27日、江戸で死去し、跡を甥(元寛の子)で養子の元周が継いだ。法号は賢徳院殿荷覚観汀大居士。墓所は東京都港区高輪泉岳寺山口県下関市長府功山寺

死因に関して[編集]

喜多村信節安政年中の著作「ききのまにまに」では、死因は自殺であったと記載している。同じ柳間席の某大名を無理に誘って品川にて遊興し、それを役筋に咎められたのを苦に自害したとしている。また、実は家老が元運を殺害し、後追い自殺をしたという風説も流れたとされる。

参考文献[編集]

  • 「未刊随筆著作百種・六」