毛利元朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 元朝(もうり もととも、元禄16年1月19日[1]1703年3月6日)- 享保6年4月19日1721年5月14日[1])は、長門長府藩の第4代藩主[1]。のち長州藩の嗣子[1]は後に宗元むねもとと改めている[1]

長州藩主・毛利吉元(長府藩第3代藩主毛利綱元の長男)の長男[1]。母は池田綱政の娘・法林院[1]津山藩松平宣富の娘と婚約。官位は従四位下[1]佐渡[1]。幼名は又四郎[1]

経歴[編集]

父の吉元が長州藩主となったため、祖父・綱元の養嗣子となる。宝永6年(1709年)、祖父の死去により長府藩主となるが、正徳2年(1712年)に父・吉元の嗣子であった弟の元陳(左門)が死去したため、新たな嗣子として迎えられ、長府藩は叔父の元矩が継いだ。その後、将軍徳川吉宗より偏諱を受けて宗元と名を改めたが、長州藩の家督を継ぐことなく、享保6年(1721年)4月19日、19歳で早世した[1]。代わって、弟の宗広が嗣子となった。

法名は祐巌院殿四品賢良浄雄大居士[1]。墓所は下関市長府の瑞聖寺、萩市椿東の東光寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 時山弥八編 1916, p. 97.

参考文献[編集]

  • オープンアクセス時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592