阿川毛利家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿川毛利家(あがわもうりけ)は、江戸時代長州藩毛利氏の一門家老のひとつ。他に、右田毛利家厚狭毛利家吉敷毛利家大野毛利家などがある。

現在の山口県下関市豊北町阿川・滝部知行していた他、宇部高森徳佐・嘉万(美祢市秋芳町)の一部にも領地があった[1]

概要[編集]

吉川元春の二男である毛利元氏が始祖。1625年寛永2年)から明治まで禄高7391石余、家臣185人を抱えていたとされる[1]

現在のJR西日本阿川駅下関市豊北町大字阿川)の近くに、阿川毛利氏館跡[2] や7代毛利広漢の建てた郷校時習館跡があり、また武家屋敷跡とされる土壁が周辺には点在している[1]

歴代当主の墓所は、初代元氏の墓が岩国市周東町高森の通化寺、2代元景から5代就芝までは長門市深川湯本大寧寺、そして萩市中津江にある14代親彦を除いて6代広規以降は阿川毛利氏館跡の近くにある(史跡 阿川毛利氏墓所[3][1]

歴代当主[編集]

系譜[編集]

毛利元就
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗家
 
 
 
吉川元春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1元氏吉川家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2元景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3就方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4就泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5就芝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6広規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7広漢繁沢就貞繁沢家へ のち復家柳沢就章柳沢家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8就禎
 
 
 
信任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9信任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10昌祉児玉家より
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11就貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12房嘉厚狭毛利家より
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13煕徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14/16親彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 阿川毛利氏墓所にある説明板 - 平成24年2月 豊北町観光協会
  2. ^ 平成20年度実施 阿川毛利家居館跡の試掘調査報 - 下関市文化財だより
  3. ^ 阿川毛利氏墓所 - おいでませ山口へ(山口県観光連盟)