毛利経光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 経光(もうり つねみつ、生没年不詳)は鎌倉時代の武士。毛利季光の四男[1][2]。子に基親[3][4]、時光[3][4]、政光[5][4]時親[5][4]、親忠[5][4]、親宗[5][4]、娘(少輔助太郎政広室[5]、元頼母[4])がいる。官位は従五位下[2][6]、右近将監[1][2][6]、蔵人[1][2][6]。後に入道して寂仏と号する[1]。法名は寂仏大禅定門[2]

経歴[編集]

父・季光が仕えていた将軍藤原頼経(またはその偏諱を受けた執権北条経時)より1字を賜い経光と名乗る(おおよそこの時期の元服とみられる)。

宝治元年(1247年)の宝治合戦により、父や兄などの毛利氏一族がほとんど討死にした[7]。その際経光は越後におり、宝治合戦には直接的に関わることはなかった。この合戦の結果、毛利氏発祥の地である相模国毛利庄は失ったものの、同族の長井氏の取り成しもあり、越後国刈羽郡佐橋荘南条、安芸国吉田荘の領有は許された[2]

後に経光は四男の時親安芸国吉田庄を継がせている。この時親の子孫から後に安芸国戦国大名となる毛利元就が出ている。越後に残った嫡男の基親の子孫では安田氏北条氏きたじょうしが有名である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • オープンアクセス時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション


先代:
毛利季光
越後毛利氏歴代当主
1247 - ?
次代:
毛利基親