毛利綱元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
毛利 綱元
Mouri tsunamoto.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 慶安3年12月23日1651年2月13日
死没 宝永6年3月1日1709年4月10日
改名 又四郎(幼名)、綱元
戒名 龍沢院殿道正瑞霖大居士
墓所 東京都港区白金台瑞聖寺
山口県下関市長府の覚苑寺
官位 従四位下甲斐守、侍従
幕府 江戸幕府
長門長府藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利光広、母:本多忠義の娘・清殊院
正室:池田光政の娘・祥雲院
側室:貞性院
吉元本多忠次匡以(三男)、元矩
娘(森長成正室のち南部信恩正室)

毛利 綱元(もうり つなもと)は、長門長府藩の第3代藩主。第2代藩主・毛利光広の長男。

生涯[編集]

慶安3年(1650年)12月23日、江戸で生まれる。承応2年(1653年)、父の死去により跡を継ぐ。このとき、叔父の毛利元知に1万石を分与して、清末藩を立藩する。寛文4年(1664年)、甲斐守に叙任する。天和3年(1683年)、倹約を主とした「天和御法度」を制定する。元禄10年(1697年)には窮民の救済に尽くし、さらに文武奨励や覚苑寺建立など、藩政に尽くしている。

また、文芸和歌を好み、「歌書尾花末」や「和歌視今集」にもその歌が収められるほどであった。

宝永4年(1707年)、長男の吉元が本家の長州藩主を継いだ。

宝永6年(1709年)3月1日、60歳で死去し、跡を吉元の長男の元朝が継いだ。

赤穂浪士お預かり[編集]

元禄15年(1702年)12月15日、赤穂浪士吉良義央を討つと、47士のうち岡島常樹吉田兼貞武林隆重倉橋武幸村松秀直杉野次房勝田武尭前原宗房間光風小野寺秀富の10士のお預かりを命じられている。毛利家は浪士たちを通常の罪人として扱い、窓や戸には板を打ち付け、いわば閉じ込めたため、江戸の庶民からは批判された。その批判に閉口したのか、また細川家などが浪士を厚遇したのを見習い、待遇を改めたようである。