毛利親頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 親頼(もうり ちかより、安永4年(1775年) - 天保6年10月14日1835年12月3日))は、長州藩一門家老である大野毛利家の7代。

父は毛利就言。母は世良五左衛門の娘。正室は益田就祥の娘。継室は権大納言綾小路俊資の娘。継々室は毛利親著の娘。子は毛利熈頼。幼名は安次郎、熊太郎。通称は伊賀。

生涯[編集]

安永4年(1775年)、長州藩一門家老毛利就言の長男として生まれる。安永5年(1777年)、就言の死去により家督を相続する。寛政4年(1792年)に萩中火防役、同年2月に御留守居(家老)、寛政11年(1799年)に江戸守居家老、享和2年(1802年)に江戸当役となる。親頼に偏諱(「親」の字)を与えた毛利治親から続けて斉房斉熙斉元斉広の5代の藩主に家老として仕えた。文化11年(1814年)、家臣や子弟の教育のために郷校弘道館を設立する。文化12年(1815年)、藩主斉広と将軍徳川家斉の娘和姫の婚礼の総奉行を務めた。天保6年(1835年)10月14日没。享年61。

参考文献[編集]