毛利元良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 元良(もうり もとよし、1897年明治30年)8月20日[1] - 1957年昭和32年)5月31日[1][2])は、大正・昭和期の政治家華族貴族院男爵議員

経歴[編集]

男爵毛利五郎の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い家督を継承し、1926年2月1日、男爵を襲爵した[1][3][4]

学習院高等科を修了し、第八高等学校で学んだ[2][3]1924年逓信省電気試験所嘱託となる[2]。その後、国際観光局嘱託、情報局嘱託などを務めた[2]。その他、朝鮮鉄道朝鮮放送協会で勤務した[2]

1943年5月、貴族院男爵議員補欠選挙で当選し[5]公正会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

親族[編集]

  • 妻:鏉子(としこ、鍋島直虎三女)[1]
  • 長男:元維(日本航空機長)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、723頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』86頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録』第14版 下、モ4頁。
  4. ^ 『官報』第4030号、大正15年2月2日。
  5. ^ 『官報』第4893号、昭和18年5月8日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。


日本の爵位
先代:
毛利五郎
男爵
毛利家(分家)第2代
1926年 - 1947年
次代:
華族制度廃止