浦氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浦氏(うらし、うらうじ)は、日本の氏族鎌倉幕府の功臣・土肥実平の後裔、小早川氏庶流一族。

出自[編集]

桓武平氏平良文の流れを汲む相模国土肥郷を発祥とする土肥氏の一族で、土肥実平の子・遠平安芸国沼田荘[1](広島県三原市)地頭職に補任され、養子・景平がこれを継ぎ小早川氏を称した。

その後裔、沼田小早川氏小早川宣平の七男・氏実安芸国豊田郡浦郷(現在の竹原市大乗[2]忠海三原市幸崎の辺り)に分知され本拠とし、地名を取って浦氏を称したことに始まる。領地は瀬戸内海に面しており小早川水軍の一翼を担った。ちなみに景平の実父は平賀義信であったとされ、途中から源氏の一族となった。

戦国時代[編集]

第5代・元安には嗣子がなく、同族の小早川庶流・乃美家氏の二男・賢勝を養子として迎えた。 賢勝の子・宗勝は、小早川水軍の司令官として厳島の戦い防長経略などで毛利氏の勢力拡大に貢献した。 その後も小早川隆景武将として、秀吉四国攻め九州征伐朝鮮の役などで活躍し、水軍武将として高く評価されている。

1597年隆景が死去すると、養嗣子・小早川秀秋の小早川家を離れて、毛利氏の家臣となり明治維新に至っている。

略系図[編集]

土肥実平
  ┃
 遠平
  ┠────┐
 維平  小早川景平(実父平賀義信)
       ┃
      茂平 
       ┃
      雅平
       ┃
      朝平
       ┃
      宣平
     ┏━━━┻━━━━━┓     
 小早川貞平            浦氏実  
     ┃                  ┃
    春平               氏行      
     ┃                  ┃                            
    則平               氏安      
     ┃                  ┃
    煕平               煕氏
     ┣━━━┓     ┃
    敬平  乃美是景      元安
   ┃    ┃      │
  扶平  家氏     賢勝(実父乃美家氏)
   ┃    ┃        ┣━━┓
  興平  弘平    宗勝  元信
   ┃    ┃        ┣━━┳━━┳━━┓
  正平  隆興     盛勝  景継  景嘉  景尚
                      ┃    ┃
                     元種  勝嘉
                      ┃    ┃
                     就昌  勝定


長州藩士家(景継流)[編集]

(凡例: ― は実子、= は養子を示す。)

   毛利輝元―――――――――――――――――――――――秀就綱広吉広========吉元―――――――――――――――――宗広===============重就
浦景継=元種(景継の甥(弟・磯兼景綱の子))―就昌広勝=============元敏(広勝の実弟)=元伴蔵田与右衛門連珍の次男)=就尹宍道外記広慶益田就高の子)の次男)


毛利重就―治親斉房==斉煕==斉元―――――――――――――――――――――――――――――――――――慶親(敬親)===定広(元徳)---(以降略)
 浦就尹――――――房伴=======元襄(浦靱負、房伴の婿養子国司信濃就孝の子)===親教尼子氏末裔佐佐木元久の子)――――――――勝善―――――長?―――――晴夫
  • 歴代当主は藩主の毛利氏より偏諱の授与を受けており、それに対応させる形で毛利氏の系図も付記している(※一部の藩主(吉就斉広)は省略してある)。
  • 歴代当主の生没年、通称、活動などその他の詳細についてはこちらの表を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 古代の沼田国造、のちの豊田郡沼田西村(ぬたにしむら)及び沼田東村(ぬたひがしむら)、現・三原市沼田地区 — 三原市沼田、沼田西町、沼田東町。沼田神社 (三原市)の所在地
  2. ^ 福浦田村、後の福田町、及び高崎村


関連項目[編集]