優雅な悪事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

優雅な悪事』(ゆうがなあくじ)は、佐野洋による日本の推理小説

1976年実業之日本社初刊。連作短編のスタイルになっている。女スリの「悪が巨大な悪を倒す」痛快な活躍を描く。

テレビドラマ[編集]

テレビ東京系列・BSジャパン放映の「女と愛とミステリー」にて放映。

キャスト[編集]

原口頼子:岩下志麻
かつて女優だったが芽が出ずジュエリーデザイナーに転身した。唯一の主演映画「危険な遊戯」の役作りにて本物のスリ犯人からの指導で身に付けた、本物のスリの腕前を持っている。しかし悪用はせず、悪党を懲らしめる事にしか使っていない。離婚して慰謝料代わりにもらったマンションに暮らしている。独身。
辻純一郎:金子賢
方々に借金を作り人生をフラフラしていた時、頼子のスリの現場を目撃し、その腕前に惚れ込んで押しかけ弟子となる。
島崎春江:風見章子(1)
頼子の家のおしゃべりな家政婦。
渋海笙子:岸田今日子
宝石店店主。頼子のデザインのジュエリーを売っている。

サブタイトル・放送年月日・ゲストキャスト[編集]

第1弾:2001年4月4日「美人スリが盗んだのは生きてる女の死亡診断書?」
第2弾:2003年5月28日「京都華道家元連続殺人事件・豪華パーティーに飾られた死体!千年の古都を彩るセレブたちの隠された素顔!美人探偵がウラ技で悪を斬る」

スタッフ[編集]

撮影:石原興
照明:中島利男
編集:IMAGICAウェスト
  • プロデュース:不破敏之、只野研治(2)、佐々木孟(1)、佐々木淳一
  • 製作:テレビ東京、BSジャパン、松竹