馬場裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬場 裕一(ばば ひろかず、1959年5月1日 - )は東京都出身の麻雀ライター。編集者。解説者。麻雀企画集団バビロン総帥[1]。GPC副代表[2]。フリーのプロ雀士である。かつては、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属していた[3]立教大学文学部中退[1]。愛称はバビィ、ババプロなど。

略歴[編集]

中学生の時、友人の母親に教わり麻雀を覚える[3]。麻雀を打つ機会があまりなかったので、活字主体だった麻雀雑誌『近代麻雀』(竹書房[注 1]に夢中になる[4]立教高校[5]進学後も夢中になり続けた。やがて、発売日まで待てなくなったある日、刷り上がった原稿を直接もらおうとして学校に行かずに学生服のまま竹書房まで訪問する。当時の社長が馬場を出迎え編集部まで案内した後、説教をし、続けてアルバイトの勧誘をした。以降、校正を手伝うようになる。「誌上対局」の企画が始まると採譜もするようになる[4]小島武夫など著名人も直接見れるようになり[6]麻雀の世界にのめり込んでいく[4]

立教大学文学部日文科に入学[1]。大学2年生で最高位戦日本プロ麻雀協会Bリーグ予選に出場し、勝ち上がって最高位戦日本プロ麻雀協会Bリーグのプロになる[3]東京六大学麻雀リーグを発足させ、リーグ戦で立教大学キャプテンとして出場。明治大学キャプテンだった片山まさゆきと出会い、片山から「メンチンの馬場」と呼ばれた[3][1]。大学中退後、編集、ライター、劇画原作などを行うようになる。やがて、人気漫画家となった片山の漫画作品『スーパーヅガン』や『ぎゅわんぶらあ自己中心派』に登場する「ババプロ」のモデルになり有名になっていく[1]。一方、裏方の方が性に合うと思うようになり最高位戦日本プロ麻雀協会から脱会、麻雀プロのプロデュースに目を向ける[3]

人物[編集]

  • 好きな手役はメンゼンのチンイツでメンチンのバビィ」と呼ばれる[3]
  • 何切る問題を作るのが得意。
  • 桜井章一主催の雀鬼会に参加していた経歴を持つ[7]雀鬼流の制約である、第1打の字牌切りをしない、意図的に音を鳴らす打牌、聴牌までドラを切らないなどを守っているが、第3回MONDO21杯で土田浩翔ダブリーに対して第1打に字牌を切って降りたことが1度ある。
  • 遅刻魔としても有名で、第1回MONDO21杯の初回収録でいきなり大遅刻(ラーメン屋に寄っていたと語る)。これが原因で、実況を土井泰昭に交代させられている。
  • 第3回MONDO21杯では決勝まで残り第2位(優勝は雀鬼会同門の土田だった)と活躍したが、第4回MONDO21杯では1次予選で敗退。第8回MONDO21杯では決勝卓に残るも第3位。第9回MONDO21杯は1次予選で敗退し、これにてアンダー50のMONDO21杯を卒業。

麻雀企画集団バビロン[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

編集[編集]

監修[編集]

  • バビィの究極!麻雀何切る365(2019年 マイウェイ出版 ISBN 9784866902388

協力など[編集]

  • 片山まさゆきの麻省教室(著者:片山まさゆき 記事協力:馬場裕一 1984年 講談社 ISBN 9784061037106
    • 片山まさゆきの麻省教室(著者:片山まさゆき 記事協力:馬場裕一 2001年 講談社漫画文庫 ISBN 9784061037106
  • 劇画シミュレーション ザ・麻雀 ―キミが挑戦者だ―(作画:山口勝義、わたなべ健一、成田秀敏 原作・構成:北鏡太 雀技指導・解説:馬場裕一 1987年 西東社
  • 麻雀必勝法(作画:宮川総一郎 作・構成:北鏡太 牌技指導:山根雀治、馬場裕一 1987年 近代麻雀コミックス)
  • 煌々たる雀星 全3巻(作画:井上孝重 原案・協力:馬場裕一 1989-1991年 近代麻雀コミックス)
  • 帝王少年 全2巻(作画:中村光信 協力:馬場裕一 1992年 近代麻雀コミックス)

出演[編集]

番組[編集]

  • 麻雀最強戦(1989年 - 現在、ニコニコ生放送など)
  • THEわれめDEポン(1995年 - 2008年、フジテレビ、2011年 - 現在、フジテレビONE)スタジオ解説役、※休憩中のミニコーナー「バビィに聞け!」も担当(第66弾 - )
  • モンド麻雀プロリーグ(1997年 - 現在、MONDO TV)解説役
  • 麻雀脳(2008年 - 2009年、フジテレビNEXT)ナビゲーター役
  • 第1回麻雀プロ団体日本一決定戦(2016年、ABEMA)解説役
  • 妻にはショナイで! 麻雀でキメたい!編(2017年、全2回、日テレプラス)講師・解説役
  • 女流雀士のノックアウト★マッチ~麻雀・日テレプラス杯2017頂上決戦(2017年、全10回、日テレプラス)実況役
  • dTVチャンネル杯 King of 麻雀(2018年、麻雀スリアロチャンネル)解説役
  • U-50 日テレプラス麻雀リーグ ヤングマスターズ ペナントレース(2018年 - 2020年、日テレプラス)解説役
※他、解説役などで多数の出演あり

映像作品[編集]

  • ミスター麻雀 小島武夫五番勝負 DVD-BOX(2008年、コロムビアミュージックエンタテインメント)感想戦
  • 麻雀脳 アイドリング!!!1号・加藤沙耶香 編(2009年、竹書房)ナビゲーター役
  • 麻雀超技学会(2009年、イーネット・フロンティア
  • 麻雀最強戦20周年記念 近代麻雀オールスター最強戦(予選・後編、決勝戦、2010年、竹書房)
  • 麻雀最強戦2011 ファイナル(2012年、竹書房)
  • 麻雀最強戦2012 鉄人プロ代表決定戦(上巻、下巻、2012年、竹書房)
  • 麻雀プロリーグ 至高の一局(2015年、AMGエンタテインメント)ナビゲーター役
  • 麻雀最強戦2017 男子プロ豪傑大激突(中巻、下巻、2017年、竹書房)
  • 麻雀最強戦2017 ファイナル(A卓、決勝戦、2018年、竹書房)
  • バビィの麻雀キャンプ! 短期間集中プログラム(2018年、AMGエンタテインメント)
  • 麻雀最強戦2018 男子プロ代表決定戦 手役の極(上巻、2018年、竹書房)
  • 麻雀最強戦2019 男子プロ代表決定戦 天使の吐息(中巻、2019年、竹書房)
※他、解説役などで多数の出演あり

関連項目[編集]

タイトル[編集]

麻雀最強戦20周年記念 近代麻雀オールスター最強戦 優勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在発行されている『近代麻雀』とは別。この『近代麻雀』は1987年に廃刊。詳細は『近代麻雀』の記事を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f スタッフ紹介”. 株式会社バビロン. 2021年4月11日閲覧。
  2. ^ GPC(グッドプレイヤーズクラブ)”. 2021年4月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 麻雀企画集団 バビロン総帥 馬場裕一 「プロは『人が喜ぶ』」【マージャンで生きる人たち 第22回】”. 麻雀ウォッチ. 2021年4月11日閲覧。
  4. ^ a b c バビィに聞いちゃえ!”. こじまーじゃん. 2021年4月11日閲覧。
  5. ^ 馬場裕一 プロフィール”. HMV&BOOKS online. 2021年4月11日閲覧。
  6. ^ 小島武夫プロの一打”. 雀サクッ. 2021年4月11日閲覧。
  7. ^ 片山まさゆき・馬場裕一・土田浩翔「三還子(サンカンツ)を愉しむ会」”. PassMarket. 2021年4月10日閲覧。
  8. ^ a b c 麻雀企画集団バビロン”. 2021年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]