ちいさな恋のものがたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちいさな恋のものがたり
監督 萩原将司
脚本 萩原将司
塚本敬
原案 萩原将司
塚本敬
製作 松家健
村田康浩
出演者 小野真弓
田中幸太朗
宮地真緒
波岡一喜
音楽 RIKU
撮影 西垣文順
製作会社 LEADS ENTERTAINMENT CO., LTD
配給 Surfrider Inc.
公開 日本の旗 2008年4月19日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ちいさな恋のものがたり』 は、2008年4月19日に公開された日本映画。キャッチコピーは「東京・渋谷発 青春群像ストーリー」

あらすじ[編集]

一本の映画という形式をとりながら、実質的には8人についての8本のオムニバス映画のような作りになっている。それぞれの若者について、子供の頃の夢を達成することの難しさを描いた渋谷を舞台にした青春ドラマ。

前半の随所に交差点が現れ、それぞれの若者たちの人生が重なり合う。

小笠原有希は母親を亡くしたことをきっかけに、1枚の写真だけを頼りに父親を探しに上京するが、東京駅の前で現金40万円と父親を写真落としてしまう。それを拾うのが、女子高生の清花。一方、有希は当面の生活費捻出ために清掃会社でアルバイトを始める。同じ職場には、バンドデビューを目指している「ロンドンファイブ」のボーカル谷良太がいる。彼を通して有希は、そのバンド仲間の美沙と知り合う。また美沙を通して知り合った元ギタリストの“音楽関係の社会人”山口修の仕事を手伝うことになる。その頃、清花は友達カズキとともに写真から探り当てたのがバー・アビーロードを訪ねる。またそこには渋谷で組を構える金澤も訪れる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案:萩原将司
  • 脚本・監督:萩原将司
  • プロデューサー:松家健
  • 助監督:塚本敬
  • 撮影:西垣文順
  • 照明:小原澤学
  • 録音:江坂強志
  • 装飾:藤井悦男

GyaOとのコラボレーション[編集]

劇場公開直前の4月17日(木)正午より、GyaO初の人数無制限のオンライン先行公開(全編放送)が48時間限定で行われた。GyaOでは以前にも、複数の配給会社とのコラボレーションにより、人数限定でのブロードバンド試写会などはあった。また、2008年12月19日にはShowTimeにて有料配信(期間限定)が開始された。

サウンドトラックCD[編集]

主題歌
挿入歌

外部リンク[編集]