BuySell Technologies

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社BuySell Technologies
BuySell Technologies Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
設立 2001年1月
業種 リユース事業
法人番号 4010001074187
代表者 岩田匡平
資本金 40,000,000円
従業員数 595名(2018年7月現在)
決算期 12月
外部リンク https://buysell-technologies.com/
テンプレートを表示

株式会社BuySell Technologies(読み方:バイセルテクノロジーズ 英文社名:BuySell Technologies Co., Ltd.)は東京都新宿区本社をおく、日本の企業。ネット型リユース事業を主軸とし、総合リユースサービス「バイセル」を運営している。

企業概要[編集]

2001年1月設立リユース事業を中心に行い、インターネットを活用したビジネスを展開している。 当時は店舗への持込みによる買取方法が一般的であったが、インターネットを使った集客をおこない、査定員が家まで直接伺う”出張買取”というサービスを導入した。 スピード出張買取「バイセル」を運営し、買取した商品は百貨店での催事やECサイトで販売している。

2016年11月1日に株式会社エースから株式会社BuySell Technologiesへ商号変更。[1]イメージキャラクターに坂上忍を起用し、着物・切手の買取に関するTVCMを[2]展開中。テレビCMなどのオフライン広告、リスティングやアフィリエイトなどのオンライン広告、SEOなどといった多角的なマーケティングを展開し、2017年度には月間20,000件、年間200,000件を超える査定依頼を受けている。[3]また、ヤフオク!に出店している「バイセルオークション」は出店1年目で『ヤフオク!Best Store Awards』の和服、着物部門第2位を受賞している。[4]

2018年7月1日より、総合リユースサービス「バイセル」へとブランド名を変更。[5]買取・販売の循環を実現する総合リユースサービスへの転換を明確にしている。2018年7月31日に自社運営のリユース品販売サイト「バイセルオンライン」を開設。[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社BuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)に社名変更のお知らせ
  2. ^ 「今すぐお迎えにあがります。」愛犬家 坂上忍さんがワイマラナー犬と共演スピード買取.jp「着物編」・「切手編」11月7日(月)より放映開始
  3. ^ “物は「所有」から「使用」へ。価値観の変化が後押ししたリユース市場開拓と、循環型社会への道” (日本語). BizReach Frontier. https://frontier.bizreach.jp/business-model/buysell-technologies/ 
  4. ^ ヤフオク!ベストストアアワード2017-ヤフオク!全ストアの中から優秀な成績のストアを発表!” (日本語). ヤフオク!. 2018年2月23日閲覧。
  5. ^ “出張買取サービス「スピード買取.jp」から 総合リユースサービス「バイセル」へ ブランド名変更のお知らせ | BuySell Technologies Co.,Ltd.” (日本語). 株式会社BuySell Technologies. (2018年6月29日). https://buysell-technologies.com/news/20180629001/ 2018年7月4日閲覧。 
  6. ^ 週刊アスキー. “着物や時計を扱うECサイト「バイセルオンライン」がオープン” (日本語). 週刊アスキー. 2018年8月20日閲覧。
  7. ^ “総合リユースサービス「バイセル」の公式ECサイト 「バイセルオンライン」をオープン | BuySell Technologies Co.,Ltd.” (日本語). 株式会社BuySell Technologies. (2018年7月31日). https://buysell-technologies.com/news/20180731001/ 2018年8月20日閲覧。 

外部リンク[編集]