イバラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イバラード (Iblard) は画家井上直久が描く絵画や漫画作品の舞台である架空の国・地名。

魔法の存在する世界であり、人々はシンセスタという思念に反応する鉱物等を用い、ソルマ(虚像)という技法によって自分の思い浮かべたものを表現する。空にはラピュタと呼ばれる浮島や小惑星が無数に浮かび、街の建造物は植物に覆われている。この世界の公共交通機関は車輪のない宙に浮く高速鉄道「ジーマ」や市電である。空間や重力、ものの見え方や感じ方なども一定ではなく、可変的なものとして描写される。住民は人間をはじめ、外見はモグラやカエルやトカゲにしか見えない者や、培養人間、龍、森の人(J・R・R・トールキンの作品に登場するエントにちなむ)など多種多様であり、コウイカや恐竜・爬虫類、小惑星などとも意思の疎通がなされる。「めげゾウ」のような特徴的な存在もいる。

なお、名前の由来は作者の居住地である大阪府茨木市から。西はスイテリアという国(モデルは吹田市)と、東はタカツングという国(モデルは高槻市)に接する。命名は宮沢賢治岩手県イーハトーブにちなんだもの。

土地としてのイバラードは野原の国で、住民は多かれ少なかれ魔法使い(他者と思念を共鳴させてソルマを出現させられる者)である。スイテリアはエルフめいた人々の住むバイオとハイテクの国、タカツングはラピュタとレアメタルの国という。

井上が背景画を提供したスタジオジブリ製作のアニメ映画耳をすませば」の挿話「バロンのくれた物語」及び、三鷹の森ジブリ美術館の短編作品「星をかった日」(井上の同名の絵本が原案)の舞台にもなっている。東京都三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館の館内には「上昇気流II」が壁画として描かれている他、「耳をすませば」の場面の元になった「上昇気流」は宮崎駿が所有している。

関連書籍[編集]

関連ソフト[編集]

外部リンク[編集]