鳥越繁喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鳥越 繁喜(とりごえ しげき、1914年大正3年)3月31日 - 2007年平成19年)7月3日)は、日本実業家鳥越製粉社長[1]。鳥越商会代表取締役[1]。セブン食品会長[1]。ジャーナリスト鳥越俊太郎の伯父[2]

経歴[編集]

福岡県出身[1]1931年浮羽中学卒業[1]。鳥越商店入社[1]1935年、株式に改組取締役1960年、代表取締役に就任[1]1962年1月、鳥越商会代表取締役、同年5月鳥越製粉社長に就任[1]1963年、セブン食品会長に就任[1]

人物[編集]

人柄[編集]

宗教は真宗[1]。趣味は釣り、小唄[1]家系に関心を持ち祖先について調べたことがあった[3]。住所は福岡県浮羽郡吉井町[1]

家族・親族[編集]

鳥越家

福岡県浮羽郡吉井町(現・うきは市

  • 祖父・彦三郎(鳥越製粉創業者)
  • 父・(鳥越製粉社長)
1889年 -
  • 弟・俊雄(鳥越製粉専務) - 鳥越俊太郎の父。
1916年 - 1990年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』574頁。
  2. ^ 鳥越繁喜 元鳥越製粉社長”. 企業家人物辞典. 2016年5月21日閲覧。
  3. ^ 週刊新潮』新潮社、2016年5月26日号、46-48頁。

参考文献[編集]

  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。