黒木奈々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くろき なな
黒木 奈々
プロフィール
出身地 日本の旗 鹿児島県鹿児島市[4]
生年月日 (1982-11-12) 1982年11月12日[4]
没年月日 (2015-09-19) 2015年9月19日(32歳没)[1][2][3]
血液型 A型
最終学歴 上智大学外国語学部フランス語学科卒
所属事務所 セント・フォース
職歴 毎日放送[5]
活動期間 2006年 - 2015年
ジャンル 報道番組
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
出演経歴 <死没時の出演番組>
国際報道2015(国際報道2014)
<その他の番組>
ワールドWaveトゥナイト
あさいちバード
CBS60ミニッツ

黒木 奈々(くろき なな、1982年昭和57年)11月12日[4] - 2015年平成27年)9月19日)は、日本フリーアナウンサーである。鹿児島県鹿児島市[6]出身。セント・フォースに所属した。身長172センチメートル[7]

経歴・人物[編集]

アナウンサー[編集]

小学生時代からアナウンサーを志し[6][4]、中学校で軟式テニス部、高校で硬式テニス部に所属して主将を務め[8]鹿児島県立鶴丸高等学校を経て[9]女性アナウンサーの輩出が多い[6][9] 上智大学外国語学部フランス語学科を卒業[5]し、在学中に1年間フランスへ留学する[6][10]。大学入学直後からフジテレビのアナウンススクール[5]テレビ朝日アスク[11]で修練した。

アナウンサー採用試験に1年留年して臨んだが、在京キー局地方局の選考を通過せず[12]、報道記者として2006年4月に毎日放送 (MBS) へ入社[13]する。同期にアナウンサーの前田阿希子伊藤広がいた。報道局ニュースセンター所属の報道記者として活動するが、2007年に退社した[14]

退社後は毎日放送の先輩に勧められたTBSニュースバードのキャスターオーディション[15]に合格[16]した。2007年4月からクリエイティブ・メディア・エージェンシー (CMA) へ移籍してTBSニュースバードでニュースキャスターを務め、『ドクター月尾 地球の方程式』の2代目聞き手役や、2009年4月から半年間は早朝から午前7時台を担当した。同局のキャスターである汾陽麻衣は鹿児島県出身で同年齢[17]で親しかった。

2010年3月にCMAを退社して8月にセント・フォースへ移籍したが、ニュースバードは2011年3月まで出演し、TBSのウェブサイトは2010年4月以降「フリーアナウンサー」と表記した。

2011年4月からNHK BS1の『ワールドWaveトゥナイト』でサブキャスター[18]を務めた。ニュース、天気予報などを担当し、フランス語で取材インタビューもこなした。

2014年3月31日からNHK BS1の『国際報道2014』のメインキャスター[18]を務めた。

闘病[編集]

2014年7月27日に、レストランで突然に内臓をぎゅっと握られたような激痛を覚え、救急車で病院へ搬送されて緊急入院し、急性胃潰瘍[19][注 1]と診断された。当初は早い夏休みとして8月18日に復帰したが[20]、検査で悪性腫瘍が発見されて8月27日放送分から休養[21]し、9月10日に胃癌を患っている[22][23][24]と公表した。公表直前の最初の診断でステージIの初期癌[25][注 2]と診断され、がん研究会有明病院セカンド・オピニオンも当初は同様であったが、再検査で開腹術によるの全摘出[26][注 3]を要すると診断された。9月19日に手術[28]して10月5日に退院し、関係者らは手術は成功して転移もないと発表[29]した。

退院後は1年間の予定で抗がん剤治療を継続[30]し、2015年1月4日にNHK総合テレビの『国際報道2015特別版』へ1日限定で復帰し、早ければ2015年4月の本格復帰を目指して治療に専念する[31][32]と表明した。2015年3月26日に闘病記『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』を文藝春秋から出版[3]し、治療を継続しつつ、3月30日から毎週月曜日限定で『国際報道2015』のキャスターに復帰した[33][34]

死去[編集]

2015年7月の定期検査で癌のリンパ節転移が判明[35]して8月上旬に都内の病院に再び入院し[3]し、9月に自宅へ戻った[36][注 4]。7月27日の放送以降は体調不良として再び出演を休止し[38][39]、8月31日の放送で休養が発表された[1]

休養後の復帰を目指したが[37][40][41][注 5]、2015年9月19日午前2時55分に、都内の自宅で両親に看取られて[36]享年32歳で死去[42]し、セント・フォースが報道各社へFAXで伝えた[43]通夜葬儀告別式は黒木家とセント・フォースの合同葬として青山葬儀所で執り行われた[44][45]法名は「釋光蓮」。

担当番組[編集]

担当当初は全曜日担当。2014年8月28日から病気療養中だったが[21]、2015年3月30日より月曜日担当として復帰[33][34]。同年7月13日まで出演[38]8月31日に正式な休養入りが発表されていた[1]

著書[編集]

  • 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』文藝春秋、2015年3月26日。ISBN 978-4-16-390238-8

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ CT検査の結果、胃に穴が開いている事が判明した[19]
  2. ^ その時点では、腹腔鏡手術で胃の4分の3摘出で済むと診断されていた[25]
  3. ^ 黒木は、診断中の医師が「硬いなあ」と口にしたことを記憶しており、「スキルス性胃がん」と推測している[26]。その後の診断で癌が発生から3年以上経過しているとも伝えられる[27]
  4. ^ 死去2日前の新聞記事は「通院中」としていた。本インタビューは7月9日に行われ、近況は後の加筆である[37]
  5. ^ NHK側も復帰に向けて準備していたと報道された[41]

出典[編集]

  1. ^ a b c 胃がん療養中のフリーアナウンサー・黒木奈々さんが死去 32歳 アーカイブ 2015年9月20日 - ウェイバックマシン スポーツ報知 2015年9月19日
  2. ^ a b c スポーツニッポン2015年9月19日 当日閲覧「黒木奈々さん死去 32歳の若さで、フリーアナウンサー 胃がん闘病中」
  3. ^ a b c アナウンサーの黒木奈々さん死去…胃がん闘病 アーカイブ 2015年9月21日 - ウェイバックマシン - 読売新聞 2015年9月19日
  4. ^ a b c d 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、34.7%、「極度の人見知りで甘えん坊」)
  5. ^ a b c 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、38.1%、「上智大学フランス語学科に入学」)
  6. ^ a b c d 報道番組キャスター 黒木奈々さん 胃がん(1)全摘出手術経て限定復帰 読売新聞、2015年8月6日
  7. ^ 美脚だけじゃない NHK-BS黒木奈々アナの“潜在能力” (2/2)”. 日刊ゲンダイ (2014年5月1日). 2015年9月23日閲覧。
  8. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、37.4%、「高二の時の母の乳がん」)
  9. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、36.4%、「アナウンサーになるには、どの大学に?」)
  10. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、39.0%、「父とまさかの二人暮らし」)
  11. ^ 合格実績”. テレビ朝日アスク. 2019年4月9日閲覧。
  12. ^ 報道番組キャスター 黒木奈々さん 胃がん(2)苦労重ね「メイン」に抜てき読売新聞、2015年8月13日
  13. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、44.2%、「最初の仕事は「がん首取り」」)
  14. ^ 黒木奈々さん、3月から週1でキャスター復帰も…7月途中に休養”. スポーツニッポン (2015年9月19日). 2015年9月23日閲覧。
  15. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、44.8%、「フリーアナウンサーになる」)
  16. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、46.5%、「オーディションを受ける」)
  17. ^ 友人 | 汾陽麻衣オフィシャルブログ
  18. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、47.0%、「「ワールドwaveトゥナイト」キャスターに抜擢」)
  19. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、10.2%、「番組のオンエアがあるから帰っていいでしょうか?」)
  20. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、11.1%、「「一足早い夏休み」という名目の入院」)
  21. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、12.4%、「番組終わりの父からの電話」)
  22. ^ 黒木奈々 胃がん手術へ NHKBS1報道番組キャスター休養”. スポーツニッポン(電子版) (2014年9月10日). 2014年9月10日閲覧。
  23. ^ 黒木奈々:胃がんと診断「悔しくて毎日涙」も「必ず病気に打ち勝つ」”. 毎日新聞(電子版) (2014年9月11日). 2014年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月11日閲覧。
  24. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、24.1%、「大きかった反響」)
  25. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、16.2%、「ご本人にはつらい話ですが・・・・・・」)
  26. ^ a b 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、22.1%、「涙が止まらない」)
  27. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、27.1%、「入院前にやっておいたこと」)
  28. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、32.7%、「手術前日に届いた番組スタッフからのメッセージ」)
  29. ^ 黒木奈々キャスター、胃がん手術成功!転移なし 5日に退院”. スポーツニッポン(電子版) (2014年10月7日). 2014年10月7日閲覧。
  30. ^ 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』(honto版、64.0%、「五年後の再発率」)
  31. ^ 胃がん療養中の黒木奈々1・4限定復帰 感動「現場に戻れる」”. Yahoo!ニュース (2014年12月29日). 2014年12月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月29日閲覧。
  32. ^ 胃がん手術の黒木奈々アナが復帰 昨年8月以来”. ORICON STYLE(電子版) (2015年1月4日). 2015年1月4日閲覧。
  33. ^ a b 黒木奈々 週1で復帰 胃がん治療中 著書で自問もう一度、恋ができるのか」 - スポーツニッポン 2015年3月30日
  34. ^ a b 黒木奈々アナ、胃がんから本格復帰!「国際報道2015」生出演へ - サンケイスポーツ 2015年3月27日
  35. ^ マネージャーの証言。「週刊文春」10月1日号
  36. ^ a b 黒木奈々さん32歳、胃がん再発で早すぎる死…前向きに闘病も(2/3) - サンケイスポーツ 2015年9月20日
  37. ^ a b 胃がん(7)闘病の現実伝えたい - 読売新聞「ヨミドクター」一病息災 2015年9月17日
  38. ^ a b 黒木奈々アナ32歳で死去 復帰願い叶わず(2/2) - デイリースポーツ 2015年9月19日
  39. ^ 7月20日は祝日で番組が休止だったため番組に最後に出演したのは7月13日であった。
  40. ^ 黒木奈々アナ32歳で死去 復帰願い叶わず(1/2) - デイリースポーツ 2015年9月19日
  41. ^ a b 黒木奈々さん32歳、胃がん再発で早すぎる死…前向きに闘病も(3/3) - サンケイスポーツ 2015年9月20日
  42. ^ 黒木奈々アナウンサーが死去 32歳、胃がん - 日刊スポーツ 2015年9月20日
  43. ^ 黒木奈々さん死去 胃がんで闘病中 - デイリースポーツ 2015年9月19日
  44. ^ “黒木奈々さん葬儀・告別式、遺族と所属事務所で合同葬へ”. サンケイスポーツ. (2015年9月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150920/geo15092005050004-n1.html 2015年10月15日閲覧。 
  45. ^ 胃がん闘病の黒木奈々アナ死去32歳”. ORICON STYLE (2015年9月19日). 2015年10月15日閲覧。
  46. ^ メディアの明日 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  47. ^ メディアの明日 | NHK BS1”. 2014年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月15日閲覧。
  48. ^ 黒木奈々・汾陽麻衣の屋久島紀行”. 2009年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月27日閲覧。
  49. ^ 国際報道2014 | NHK注目番組ナビ! | NHKオンライン”. 2014年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]