橋本佐与子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 佐与子(はしもと さよこ)は、毎日放送(MBS)の報道局記者キャスター

来歴・人物[編集]

関西学院大学卒業後、1995年に毎日放送へ社会部記者として入社。

元々はアナウンサー志望で、大学時代はテレビタレントセンター(TTC)の大阪校に通い各局のアナウンサー試験を受けるも、最終的にはアナウンサーの夢は叶わなかった。アナウンサーと思われがちだが、結果一般職でMBSに入社した。しかし社報の自己紹介で「5年後の私は、まだアナウンサーになりたがっていると思います」とアナウンサーへの思いは深かった様だ。その後20代後半でアナウンサーではなくキャスターとして、テレビ番組出演の夢が叶った。

2000年10月よりMBSテレビのローカルニュースワイド番組『VOICE』のキャスターを担当。アナウンサーではなく、記者の立場からキャスターへと抜擢された(当初は月曜 - 金曜、2002年10月より月曜 - 水曜を担当)。選挙特番にも出演した。

2007年4月25日には、『ちちんぷいぷい』に出演。JR福知山線脱線事故に関するリポートを行う。その際、角淳一ら出演者からも多大な評価を受けた。

女優山内明日とは、親戚関係にあたる(山内が、『ちちんぷいぷい』の「今日のダレ?」で取り上げられた際に、同時に紹介された)。大阪大学准教授の橋本順光は実兄。

2007年9月26日で『VOICE』のキャスターを降板した後は、医療分野を中心に、取材活動へ事実上専念。同年には、ディレクターとして携わった『映像'07・“私は生きる―JR福知山線事故から2年―”』が、第3回日本放送文化大賞グランプリを受賞した。

現在は「毎日放送報道局解説委員」として、『VOICE』や『ちちんぷいぷい』で医療分野の特集を放送する場合に、スタジオで随時解説を担当。『VOICE』の水曜日に「わかる」(解説委員によるニュース解説コーナー)が新設された2016年7月からは、他の解説委員との週替わりながら、同番組へのレギュラー出演を再開している。

外部リンク[編集]