高倉新一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高倉新一郎

高倉 新一郎(たかくら しんいちろう、1902年11月23日[1] - 1990年6月7日[1])は、日本の農業経済学者歴史学者北海道大学名誉教授農業経済学北海道史アイヌ文化史を専攻。農学博士(北海道帝国大学、1945年)(学位論文「アイヌ政策史」)[2]北海道帯広市出身。父は十勝の産業振興に尽くした実業家で、北海道議会議員も務めた高倉安次郎

来歴[編集]

業績・学術賞[編集]

編纂委員・総編集長として、「新撰北海道史」「新北海道史」「角川日本地名大辞典」などの編纂に携わった他、「アイヌ政策史」「北海道拓殖史」「北海道の研究」などの著作がある。これらの功績により、1969年北海道文化賞1984年地域文化功労賞を受賞。

エピソード[編集]

北海学園大学退職後は、後進育成のために、北海学園大学付属図書館に所有図書を「高倉文庫」として寄贈している。

著書[編集]

  • 『北海道の歴史』(1933年)
  • 『北海道文化史序説』(1942年)
  • 『アイヌ政策史』(1942年)日本評論社
  • 『北辺・開拓・アイヌ』竹村書房 1942
  • 『北海道文化史序説』北方出版社 1942
  • 『北海道拓殖史』柏葉書院(1947年)
  • 『北の先覚』北日本社(1947年)
  • 『北海道出版小史』日本出版協会北海道支部 1947
  • 『北海道の開拓と開拓者』札幌講談社 北海道農業新書 1947
  • 『北海道の歴史』講談社北海道支社 1949
  • 『帯広の生いたち』(1954年)
  • 『北海道小史』楡書房(1956年)
  • 『蝦夷地』至文堂・日本歴史新書(1959年)
  • 『千島概史』南方同胞援護会(1962年)
  • 『北海道史の歴史:主要文献とその著者たち』みやま書房(1964年)
  • 『札幌遠友夜学校』(1965年)
  • 『アイヌ研究』北海道大学生活協同組合(1966年)

共編著[編集]

参考文献[編集]

  • 藤島隆「高倉新一郎先生著作目録(新聞篇)」『藤島隆書誌選集:北海道の図書館と図書館人』金沢文圃閣文献探索人叢書〉、2012年、98-117頁。NCID BB09418321

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤島隆 2012
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年6月11日閲覧。
先代:
渡辺侃
北海道大学経済学部長
第3代: 1957年 ‐ 1960年
次代:
伊藤俊夫
先代:
上原轍三郎
北海短期大学学長
第2代: 1968年 ‐ 1969年
次代:
-
先代:
上原轍三郎
北海学園大学学長
第2代: 1968年 ‐ 1980年
次代:
大和哲夫
先代:
-
北海学園北見大学学長
初代: 1977年 ‐ 1986年
次代:
桃野作次郎
先代:
-
北海学園大学名誉学長
初代: 1980年 ‐ 1990年
次代:
-
先代:
-
北海学園北見女子短期大学学長
初代: 1984年 ‐ 1986年
次代:
桃野作次郎
先代:
-
北海学園北見大学名誉学長
初代: 1986年 ‐ 1990年
次代:
-