花崎皋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花崎 皋平(はなざき こうへい、1931年6月22日 - )は、日本の著述業・哲学者

略歴[編集]

東京出身。1954年東京大学文学部哲学科卒業。1964年より、北海道大学の西洋哲学の教員となる。マルクス主義の研究などが専門。北海道大学助教授を務めたのち、1971年に自主退官。

1966年、「ベトナムに平和を!市民連合」の札幌の運動「札幌ベ平連」の結成に加わる。立上げ集会は、すすきのの東本願寺での、アメリカの反戦活動家ハワード・ジン小田実の講演会であった[1]。アメリカ軍兵士の脱走支援運動にも、参加している[1]1970年11月16日、デモ参加者の女性をかばい公務執行妨害で逮捕されるが、釈放となる[2]

1970年、北大全共闘関係者による北大本部封鎖事件の被告人の学生の特別弁護を行う。1971年11月に、北海道大学を退職する。翻訳や執筆で生活を維持する。

1970年、伊達火力発電所の建設が決定され、1973年に着工となるが、その建設反対闘争に支援者として関わり注目される。泊原発反対運動にも関わっている。

マルクス主義、市民運動や住民運動、アイヌ民族に関連した執筆活動を行っている。マルクス主義では、マルクスエンゲルスの著作「ドイツ・イデオロギー」の翻訳本を合同出版から出している。また、アイヌ民族の境遇に同情的な松浦武四郎を研究した『静かな大地-松浦武四郎とアイヌ民族』(岩波書店)がある。

1989年、ピープルズプラン21世紀国際民衆行事で、世界先住民族会議の運営事務局に参加。1990年に発足したさっぽろ自由学校「遊」で、発足当時から2005年まで共同代表の一人となる。

ピープルズ・プラン研究所を武藤一羊とともに創設。

2005年、元自民党代議士の箕輪登が提起した「自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟」に、原告として加わる[3]

2010年、長編詩『アイヌモシリの風に吹かれて』が第43回小熊秀雄賞受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『明日の方へ 詩集』国文社 ピポー叢書 1956
  • 『年代記 詩集』国文社 1959
  • 『マルクスにおける科学と哲学』盛田書店 1969(1972年社会思想社
  • 『力と理性 実践的潜勢力の地平から』現代評論社 1972
  • 『風はおのが好むところに吹く』田畑書店 1976
  • 『いのちをわかちあう』(1980年、田畑書店)
  • 『生きる場の哲学 共感からの出発』(1981年岩波新書
  • 『生きる場の風景 その継承と創造』(1984年朝日新聞社
  • 『地域をひらく 生きる場の構築』(1985年農山漁村文化協会
  • 『解放の哲学をめざして 衆愚は天に愚ならず』(1986年有斐閣
  • 『学問に何ができるか』(1987年河合ブックレット
  • 『静かな大地 松浦武四郎とアイヌ民族』(1988年、岩波書店)のち同時代ライブラリー、岩波現代文庫  
  • 『民衆主体への転生の思想 弱さをもって強さに桃む』(1989年七つ森書館
  • 『思想の海へ「解放と変革」 島々は花綵 ― ヤポネシア弧は物語る』(1990年社会評論社
  • 『アイデンティティと共生の哲学』(1993年筑摩書房
  • 『タイ・カンボジアを歩く 民から民へ』(1993年、岩波ブックレット
  • 『個人/個人を超えるもの』岩波書店 21世紀問題群ブックス 1996
  • 『〈共生〉への触発 脱植民地・多文化・倫理をめぐって』(2002年みすず書房
  • 『〈じゃなかしゃば〉の哲学 ジェンダー・エスニシティー・エコロジー』(2002年、インパクト出版会
  • 『どこへ行く?』自由学校「遊」ブックレット 2003
  • 『ピープルの思想を紡ぐ』(2006年、七つ森書館)
  • 田中正造と民衆思想の継承』(2010年、七つ森書館)
  • 『風のとおる道 詩集』北溟社 2012
  • 『天と地と人と 民衆思想の実践と思索の往還から』七つ森書館 2012

共著[編集]

  • 『朋あり遠方より来る 現場からの哲学』北沢恒彦,渋谷定輔共著 風媒社 1976
  • 『社会的左翼の可能性 労働運動と住民運動』(1985年、新地平社)共著:清水慎三
  • 『あきらめから希望へ 生きる場からの運動』(1987年、七つ森書館)共著:高木仁三郎 
  • 『あきらめから希望へ 高木仁三郎対論集』高木仁三郎,前田俊彦共著 七つ森書館 2011

編書[編集]

  • 『島々は花綵 ヤポネシア弧は物語る』編著 社会評論社 思想の海へ「解放と変革」 1990
  • 鶴見良行著作集7 マングローブ』(1999年、みすず書房)
  • 『鶴見良行著作集10 歩く学問』(2001年、みすず書房)
  • 『風の吹きわける道を歩いて 現代社会運動私史』(2008年、七つ森書館)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 147
  2. ^ 『風の吹きわける道を歩いて 現代社会運動私史』(七つ森書館)p28.
  3. ^ 自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟・公式サイト-二次訴状

外部リンク[編集]