エルンスト・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ブロッホ

エルンスト・ジーモン・ブロッホErnst Simon Bloch1885年7月8日 - 1977年8月4日)は、ドイツマルクス主義哲学者無神論者神学者ユートピア思想や表現主義の影響下に独特のマルクス主義哲学を展開した。ジンメルの紹介でルカーチと親交を結んだほか、ヴェーバーベンヤミンとも交友をもった。代表作である『ユートピアの精神』や『希望の原理』は、1968年前後の学生運動解放の神学などにも影響力をもった。

生涯[編集]

1885年ルートヴィヒスハーフェンで同化ユダヤ人の鉄道局官吏の家に生まれた。ヴュルツブルク大学で哲学を勉強したながらゲオルク・ジンメルルカーチ・ジェルジと知己になる。とりわけルカーチとの終生にわたる交友は、ブロッホ自身が後年「共生」とまで呼ぶほど親密なものとなった。卒業後の1913年、バルト海の醸造者の娘エリツェ・フォン・ストリツキと結婚した(1934年にはウィーンでカロラ・ブロッホと再婚した)。1915年ハイデルベルクを訪れたさいにはマックス・ヴェーバーとも知り合う。第一次世界大戦の激化にともない、1917年スイスへ亡命。翌1918年、最初の著書『ユートピアの精神』を発表。晦渋な作品であったため世間一般の評判は芳しくなかったが、テオドール・アドルノヴァルター・ベンヤミンなど、問題意識を共有する少数の優れた読者からは絶賛された。1920年代はジャーナリストとして活動し、ベルトルト・ブレヒトクルト・ワイルなどの芸術家と関わりをもつ。

1933年ナチスが権力を掌握すると、ユダヤ人であったブロッホはただちに国外へ脱出する。最初にスイスへ、その後オーストリアフランスチェコスロバキアなどを転々としたのち、1938年にはアメリカ合衆国へ亡命。それから約十年間にわたりアメリカでの亡命生活を余儀なくされた。この逃避行のさなかに第二の主著『この時代の遺産』を刊行。日常的な現実のなかに潜む「もはや意識されないもの」と「まだ意識されないもの」という二つの概念を軸にして、モンタージュによって自らの思考を構成してゆくという手法は、『ユートピアの精神』から引き継がれたものである。この手法により「なぜワイマール共和国はナチスを生み出し、ヒトラーを政権に就かせなければならなかったのか」を究明したこの作品は、マルクス主義者ではない作家・批評家(ヘルマン・ヘッセクラウス・マンなど)からも高く評価された。また同時期(1937年-1938年)には、表現主義をナチズムに先鞭をつけたものとして非難するルカーチに対して、前衛芸術が未来を展望し実現する可能性を信じる立場から反論を加え、いわゆる「表現主義論争」を展開した。

第二次世界大戦後の1949年には東ドイツへ帰国してライプツィヒ大学で哲学教授の地位を得る。アメリカで過ごした大戦中には思索の成果をまとめる機会に恵まれなかったブロッホは次々と著書を刊行し、1954年から1959年にかけて第三の主著『希望の原理』を発表する。しかしブロッホの思想はきわめて独特であり異端的とさえいえるものだったため、修正主義との批判を受けるなど政府当局とのあいだに軋轢が生じるようになる。そして1961年ベルリンの壁の建設を機にして西ドイツへ移住、テュービンゲン大学で哲学名誉教授の職を得る。政治活動にも積極的に参加しながら晩年の著作を精力的に執筆しつづけ、1977年テュービンゲンで没した。

著書[編集]

  • 1918年 Geist der Utopie 『ユートピアの精神』好村冨士彦白水社 1997.5
  • 1921年 Thomas Münzer als Theologe der Revolution 『トーマス・ミュンツァー 革命の神学者』樋口大介・今泉文子訳 国文社 アウロラ叢書 1982.4
  • 1923年『砂漠を越えて』
  • 1930年 Spuren 『未知への痕跡』菅谷規矩雄訳 イザラ書房 1969.3
  • 1935年 Erbschaft dieser Zeit 『この時代の遺産』池田浩士三一書房 1982.5 のちちくま学芸文庫水声社 2008.12
  • 1946年『自由と秩序』(Freiheit und Ordnung
  • 1949年『主体—客体 ヘーゲル読解』(Subjekt-Objekt, Erläuterungen zu Hegel
  • 1952年『アヴィケンナとアリストテレス左派』(Avicenna und die aristotelische Linke
  • 1953年『クリスティアン・トマジウス——悲惨をまぬがれたドイツの学者』(Christian Thomasius
  • 1959年 Das Prinzip Hoffnung 『希望の原理』新井皓士・山下肇ほか訳 合同出版 1973.8 のち白水社 全3巻 1982
  • 1961年"Naturrecht und menschliche Würde"
  • 1961年 Philosophische Grundfragen I 『哲学の根本問題』竹内豊治訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1972.9
  • 1962年 Verfremdungen 『異化』片岡啓治種村季弘船戸満之現代思潮社 1971
  • 1963年 Tübinger Einleitung in die Philosophie 『チュービンゲン哲学入門』菅谷規矩雄・今井道夫・三国千秋訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1994.3
  • 1968年 Atheismus im Christentum 『キリスト教の中の無神論 脱出と御国との宗教のために』上下巻 竹内豊治・高尾利数訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1975.12-1979.3
  • 1970年 Politische Messungen, Pestzeit, Vormärz 『ナチズム 地獄と神々の黄昏』池田浩士・藤原辰史・本庄史明訳 水声社 2008.12
  • 1970年 Marx und die Revolution 『マルクスと革命』花崎皋平紀伊國屋書店 1972
  • 1972年『唯物論の問題——その歴史と全体』(Das Materialismusproblem, seine Geschichte und Substanz
  • 1975年 Experimentum Mundi 『世界という実験 問い,取り出しの諸カテゴリー,実践』小田智敏訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1999.11