伊達発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal energy.svg 伊達発電所
Date Power Station-Uzu.jpg
伊達発電所
種類 火力発電所
電気事業者 北海道電力
所在地 日本の旗 日本
北海道伊達市長和町163-3
北緯42度28分58.8秒 東経140度49分43.7秒 / 北緯42.483000度 東経140.828806度 / 42.483000; 140.828806座標: 北緯42度28分58.8秒 東経140度49分43.7秒 / 北緯42.483000度 東経140.828806度 / 42.483000; 140.828806
1号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 重油
営業運転開始日 1978年11月
2号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 重油
営業運転開始日 1980年3月
公式サイト:伊達発電所
テンプレートを表示

伊達発電所(だてはつでんしょ)は、北海道伊達市長和町163-3にある北海道電力石油火力発電所

概要[編集]

1978年11月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。燃料である重油は室蘭市にあるJXTGエネルギー室蘭製造所よりパイプラインによって輸送されている。

本発電所敷地内には、北海道電力初の太陽光発電所である「伊達ソーラー発電所」が建設され、2011年6月2日に運転を開始した。

発電設備[編集]

  • 総出力:70万kW[1]
1号機
定格出力:35万kW
使用燃料:重油
ボイラー:三菱重工業
タービン:日立製作所
営業運転開始:1978年(昭和53年)11月
2号機
定格出力:35万kW
使用燃料:重油
ボイラー:石川島播磨重工業(現・IHI)
タービン:東芝
営業運転開始:1980年(昭和55年)3月
伊達ソーラー発電所
出力:約1,000kW
営業運転開始:2011年(平成23年)6月2日[2]

反対運動[編集]

伊達発電所建設に際しては反対運動があり、反対派住民による差止め訴訟が提起された[3]

反対派は三里塚芝山連合空港反対同盟とも交流していた[4]

出典[編集]

  1. ^ エネルギー情報 伊達発電所
  2. ^ 「伊達ソーラー発電所」の営業運転開始について 2011年6月2日
  3. ^ 環境白書”. www.env.go.jp. 2018年5月6日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞成田支局 (1998). ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る. 四谷ラウンド. p. 36. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]