美和剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美和 剛(みわ ごう、1950年3月17日 - )は、日本の漫画家。以前は竹中 小虎(たけなか ことら)・佐藤 貞夫(さとう さだお)名義で執筆していた。 尚、以前はローマ字表記の際にmiwagouが用いられていたが『農業ノススメ 恋と涙の就農生活』完結後の2008年からgoh miwaと表記されるようになった。

経歴[編集]

主な作品[編集]

  • 竹中小虎名義
    • 三平の休日(デビュー作)ビッグコミック賞佳作第1席
  • 佐藤貞夫名義
  • 美和剛名義
    • 農業ノススメ 恋と涙の就農生活(週漫スペシャル掲載。同誌2007年9月号掲載の収穫17〜星の大宴会で完結。単行本化を望む声も多いが2008年現在実現していない。)
    • 業界のピンチヒッター(〃)
    • 風俗疑惑の女たち(〃)

「斎藤憲三ものがたり」[編集]

社団法人由利本荘青年会議所1987年頃に出版した『学習まんが 夢と科学に生きた人 斎藤憲三ものがたり』の、漫画部分を、美和が佐藤貞夫名義で執筆した。

当作品はTDKの創立者・斎藤憲三の伝記物語であるが、ISBNがなく一般には流通しなかった書籍と考えられる。

内容は以下の通り。

  • 第1章 秋田県由利郡仁賀保町(現にかほ市)平沢で生まれた憲三の子供時代
  • 第2章 大阪の中学、東京の大学での生活
  • 第3章 帰郷し農業以外の副業を始めるも失敗
  • 第4章 紡績業大手の鐘紡社長との出会い、フェライトとの出会い
  • 第5章 鐘紡社長から出資を受けて東京・蒲田にフェライトを生産する東京電気化学工業株式会社(のちのTDK)を興し、郷里にも工場を作るも、蒲田工場は空襲で焼かれ、会社は秋田に疎開。憲三は東京電化の社長を退く
  • 第6章 衆議院議員科学技術庁政務次官となる

参考文献[編集]

  • 『斎藤憲三ものがたり』作者紹介

外部リンク[編集]