横山健堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横山健堂

横山 健堂(よこやま けんどう、1872年12月5日明治5年11月5日) - 1943年(昭和18年)12月24日)は、日本評論家

山口県出身。本名・達三東京帝国大学卒。明治41年(1908年)から黒頭巾の名で『読売新聞』に「新人国記」を連載した。維新史などの評論を書き、のち駒澤大学教授。子は横山白虹

著書[編集]

  • 初等帝国史 横山達三 大日本図書 1899.4
  • 日本近世教育史 横山達三 同文館 1904.5
  • 教育史余材 横山健堂(達三) 開発社 1908.3
  • 現代人物競 黒頭巾 読売新聞社 1908.9
  • 現代人物管見 易風社 1910.5
  • 新人国記 横山達三 敬文館 1911.5
  • 文芸地理東海道五十三次 前川文栄閣 1911.7
  • 旧藩と新人物 横山健堂(達三) 敬文堂 1911.9
  • 趣味の人 新潮社 1911.10
  • 趣味 横山健堂(達三) 実業之日本社 1912.3
  • 趣味と人物 中央書院 1913
  • 大将乃木 敬文館 1913
  • 人物研究と史論 金港堂書籍 1913
  • 薩摩と琉球 中央書院 1914
  • 文部大臣を中心として評論せる日本教育の変遷 中興館書店 1914
  • 鉛筆だより 春陽堂 1914
  • 人物と事業 東亜堂書房 1915 (縮刷名著叢書)
  • 大将東郷 春陽堂 1915
  • 大西郷 弘学館書店 1915
  • 山水と人物 小谷野作 1915
  • 伯大隈 黒頭巾 実業之日本社 1915
  • 怪光 黒頭巾 駸々堂書店 1916 (痛快文庫)
  • 潜航海賊船 黒頭巾 駸々堂 1916 (痛快文庫)
  • 高杉晋作 武侠世界社 1916
  • 義民宗吾 日東堂 1916
  • 石雲録 文正堂書店 1916
  • 快心録 日東堂 1916
  • 防長之精華 山口響海館 1916
  • 大聖空海 弘学館書店 1918
  • 秀吉と家康 東亜堂書房 1918
  • 法網を潜る人々 黒頭巾 大東書院 1929
  • 長周游覧記 郷土研究社 1930
  • 師範出身の異彩ある人物 南光社 1933
  • 峰間鹿水伝 峰間氏還暦祝賀会記念刊行会 1933
  • 錦帯橋国風景記 岩国町 1936
  • 松井大将伝 八紘社 1938
  • 嘉納先生伝 講道館 1941
  • 日本相撲史 富山房 1943
  • 日本武道史 三省堂 1943
  • 大西郷兄弟 宮越太陽堂 1944
  • 松浦武四郎 北海出版社、1944

参考[編集]

  • 新潮日本人名事典