金刀比羅神社 (根室市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金刀比羅神社
20120811kotohira.jpg
所在地 北海道根室市琴平町1-4
位置 北緯43度20分37.64秒
東経145度35分14.90秒
主祭神 大物主神事代主神倉稲魂命
社格 県社
創建 1806年(文化3年)
本殿の様式 入母屋流造
例祭 8月9〜11日
テンプレートを表示

金刀比羅神社(ことひらじんじゃ、こんぴらじんじゃ)は、北海道根室市にある神社である。

祭神[編集]

由緒[編集]

1806年文化3年)根室国根室郡高田屋嘉兵衛によって創建され、1881年明治14年)現在地に遷座した。同年に郷社、1919年大正8年)に県社に列格している。2005年平成18年)には「金刀比羅神社御創祀200年」を迎え、御神輿が御色直しを行い、さらに社務所を新築し「神輿殿・お祭り資料館」を併設した。

金刀比羅神社例大祭[編集]

毎年8月9日(宵宮祭)、10日(本祭・御神輿渡御)、11日(御神輿渡御)の3日間に渡って、金刀比羅神社例大祭が行なわれる。

先太鼓・金棒・山車・手古舞の奉納を行なう祭典区は大正時代に置かれ、「第一祭典区」「第三祭典区」「東部祭典区」「西部祭典区」の4つからなる。9日の夜には「音と力の競演」と題して山車・手古舞の部が、10日には先太鼓・金棒の部が行なわれる。

所在地[編集]

  • 北海道根室市琴平町1-4

外部リンク[編集]

金刀比羅神社 公式ウェブサイト

北海道神社庁